五線譜は五本 ギターの弦は六本

作者 SET

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 短編 五線譜は五本 ギターの弦は六本へのコメント

    はじめまして。
    美浦ゆきみと申します。

    拝読いたしました。
    大好きな曲を生で聴ける!というワクワクを裏切られた悲しみが、友人によってちょっと救われる。
    良い話だなと思うと同時に、こんな自分たちを大好きでいてくれたファンを裏切ったバンドに、架空の話と分かっていてもなお憤りが消えません。

    大好きなぶん悲しみは深かったと思うから。
    五線譜の歌詞が素直で笑ってしまいそうなほどほほえましいのと同時に胸がギュッと切なくなります。
    救われたけど悲しみはなかったことにはならないし、このバンドは何かこの後報いを受けるに違いない、報いを受けよ!
    と思ってしまいます。

    こんなに感情移入しちゃう話が書けるなんてすごいですね。
    見習いたいです。

    ではでは、乱文乱筆失礼いたしました。

    作者からの返信

    黒川の代わりに怒ってくだってありがとうございます。
    実際にファンに対してこんな仕打ちをするバンドはたぶんいないでしょうが、いるかもしれないぎりぎりのところを書いてみました。もしいたらファンをやめる人が続出するかもしれませんね。
    黒川にはもっといいバンドを見つけてほしいですね!

    2018年10月19日 09:11

  • 短編 五線譜は五本 ギターの弦は六本へのコメント

    とてもスピード感があって、楽しく、爽やかな読後感でした。
    そんな私も学生の頃に友人と路上で即興演奏をしたものです。
    屋外で弾くとなぜかしら毎回1弦が切れて、終わる頃には
    「ギターの弦は五本〜」
    になってたもんです。
    そして傍にはお巡りさんが・・・
    そんな過去を久々に思い出しました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    実際に路上で演奏されていらしたんですか~。いつの間にか「ギターの弦は五本」になっていたの、いいですね(笑)。
    懐かしんでいただけたようで何よりです。

    2018年10月19日 09:00 編集済

  • 短編 五線譜は五本 ギターの弦は六本へのコメント

    主人公の興奮と落胆がとてもよく表現されていると思います。過呼吸になる身体の感覚もありありと伝わってきました。
    執筆お疲れ様です。

    作者からの返信

    感覚がうまく伝わったようでよかったです。
    読んでくださってありがとうございました!

    2018年10月16日 22:54