書かずにはいられない原因

作者 @naka-motoo

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

174話まで読んでレビューを書くか、書かないか、一晩考えてみたが、最後まで読まされたのだから書くことにした。

おもしろいエッセイではない。
読み応えのある文章でもない。

ただおもしろいというだけなら、
ただうまいというだけなら、
カクヨムには、ほかにもっと読むべき小説やエッセイがあるだろう。私は☆をつけるのはそうした理由からではない。

大変な熱量を抱えた言葉の集まりである。

作者の「苦しみ」や「憧れ」「欲望」といったものがあけすけな形で言葉に変わり、展開されている。読んでいていたたまれないほどに。

私も上に書いたような思いを込めて小説やエッセイを書くが、そこに並べた言葉は読者が飲み込みやすいよう砂糖やオブラートに包んで差し出している。このエッセイはそれが剥き出しだ。読んでいたたまれなくなるのはそのせいだ。

私の場合は、商業出版にのる作品を意識してしまうので、そういう書き方になるのだが、この作者さんはその点で振り切れている。人にこびない自分の作風をごまかそうとしていないのだ。こうした作品は商業出版にはのらない。

人は「抜身の刀」というものは欲しがらない。鞘のついた美しい刀を欲しがるものだ。このエッセイは抜身の刀だ。突きつけられた人は戦慄せずにはおれない。


このエッセイを読んで思う。出版されるような作品を読みたいなら金出して本を買え。ネットで読べきは出版されることがないだろうこうした作品だ――と。

そのもやもやがどこからくるのか、より深く自分を知るきっかけになるだろうから。

★★★ Excellent!!!

※タイトルから酷い表現、かつここからのレビューもなかなか過激なことを書きますが、決して本作を貶める意図はありません。


 この文章には凄まじい熱量があります。世の中で成功している人からすれば下らない弱者の遠吠えかもしれませんが、そうでない僕たちはこんな想いで生きています。この狂奔と闘争心、情熱こそが、僕たちの命そのものです。

 弱者の遠吠えと思われた方、いつかひっくり返されないよう用心してください。

 夢のために生きる、という形で生きるために夢を見る、そんな弱者でいるつもりはありません。僕たちが吐き散らしているものは、必ずそちらの世界の土に染み渡ります。そのとき初めて、それが情熱であったことに気が付く筈です。

 この作品はそういう戦いを記録している意味で、間違いなく戦記物ですね。





 大丈夫かなこれ。作者・ユーザーへの誹謗中傷扱いされない?
 そんなつもりは毛頭ないんですけどね……駄目だったら消してください!

★★★ Excellent!!!

僕は病気をしました。一生治らない病気です。なぜ生きるのか。どうしてこれで生きていけるというのか。思い悩んで急速に死へと傾斜していきました。けれどただ一つ僕に踏みとどまれと叫んだのは「書く」ということでした。書くということは僕の死への欲求を消し去るほどに強く輝かしかった。

書くことばかりが、僕を生かす。そう思いました。

なぜ僕の話を書くのか。それはこの作品に僕がかつて思っていたことを鮮やかに思い出させられたから。それだけこの作品は真に迫っていて力強く、共感せざるを得ないのです。

書くということに命を預けた全ての方におすすめです。

★★ Very Good!!

何かを「読む」という行為は、他者からの考え方や独自の世界を受け取ること。
対して「書く」という行為は、自分の考え方や独自の世界を表に出す、いわば「自己表現」である。
自分の意志を、内面を、文字を通して表現する。それが、「書く」という行為の本質なのだと思う。
だから、何かを表現しようとしている自分のことを「底辺」や「愚か」と呼ぶのは、できればやめた方がいいのではないだろうか。今がどんな状況であろうとも、せめて自分だけは、自分が書き残した意志を卑下しない方がいいのではないだろうか。
せめて自分だけは、全力で何かを残そうとしている自分の味方をしてあげた方がいいのではないか。
本人がそれでいいなら通りすがりの一読者である私が止めることなどできないが、自分が表現したいことを、自分の手で卑下して汚すなんて、とても悲しいことではないだろうか。
そう、私は思いました。