明日の黒板

作者 奈月沙耶

37

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

恋心を弄ぶ、大人と子供が入り混じる18歳な青春を、近くて遠い場所から観察する主人公。果たして傍観者なのか、当事者なのか。彼はこの卒業という日に、一体何を感じるのでしょうか。

多くの教育者が感じるであろうそれを、見事な切り口で綴っています。

Good!

先の『明日の黒板』が出刃なら、今回の『明日の黒板』はアーミーナイフ。
切り口が全く違う。

物語の筋であるプロットが、道具としてしか使われていない。
その道具が主人公の心をかき乱す。
作者である奈月沙耶様の、先の『明日の黒板』と比べて読むことをお勧めします。

拗らせたっていいじゃない。
アオハルだもの(笑