プロメテウスに炎を捧げよ

作者 浦切三語

SFとオカルティック、人間?ドラマの最高峰

  • ★★★ Excellent!!!

まず、緻密に練られた世界観。
センスのあるネーミング(ルビ)。
退廃的な空気を思わせる文体に躍動感あふれる戦闘シーン。
そして何より、キャラの格好良さ。生き様。
描かれる濃密な火と、硝煙と、キャラクターの掛け合いが、まるで洋画を見ているようです。

SFとオカルティックが融合した世界に、これ以上なく合う練られた文体。
濃厚で、まったりとしていて、腰を据えて読んでいきたい作品の一つです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

円月 おみさんの他のおすすめレビュー 27