2-1 AM:7:00/鮮血のモーニング

――若い男――浮浪者――ハズレ。


 薄青い光の束が路地裏をぼんやりと照らし、道端の野花に陰をつくる。ビルと車道と消火栓とを切り裂くように照らしつけるその光は、肩をすぼめて俯き加減に歩く貧しき人々の背にもかかっている。バベル型積層都市・プロメテウスの最下層に届く光の総ては、中層域を支える地盤の下部に取り付けられた、特殊な装置から放たれていた。朝の到来を告げるように東の方角から明度が強まり、最下層B区の風景は騒々しさを増していく。

 都市随一の湾港工業地帯で知られるD区へ続く片側二車線道路では、工場が保有する二階建てのバスが群れを成し、獣のいびき声のように排気ガスとエンジン音を撒き散らして通り過ぎていく。それが、オイル・カーを持つことのない低賃金労働者に残された、唯一の移動手段だった。

 断続的に轟くクラクションが、道行く人々の鼓膜を突き刺していく。急げ急げ。急がないと手遅れになるぞと、はやし立てるように。


――女――化粧が派手――水商売――ハズレ。


 交差点に面した二十四時間経営のファミレスに、エヴァンジェリンは入り浸っていた。ホットパンツから伸びる長い足を組んでカウンター席に座る彼女は、不機嫌さを隠そうともせず、ガラス張りの向こうに映る歩道へ、忙しなく視線を投げ続けている。

「(どいつもこいつも、朝っぱらからシケた面ぁしてやがる)」

 どうでもよいことをぼんやりと考えながら、エヴァンジェリンは朝飯の『品定め』を続けた。


――二人組――老婦人とヘルパーの女性――ハズレ。


 頬杖をつきながら、みっともないくらいの大きな欠伸が出る。犬歯が剥き出しになるが関係なかった。どうせ誰も見てないと高をくくる。そんなことを気にするより、この停滞した状況にげんなりした気分をどうにかするのが大事で、それを解決するためにもさっさと獲物を見定めるのが先決だった。

 店の壁に掛けられたアナログ時計を確認。思わず顔をしかめる。入店してから三十分以上が経過していた。普段なら早々に獲物が見つかるはずなのに、今日はいまいち品揃えが悪い。

「(だからって狩場を移すのは、なんかイヤなんだよなぁ)」

 面倒くさいからという理由もあるが、狩場を移した直後に好みの獲物が通り過ぎたら、それはそれで大変な後悔と、自らへの憤りに襲われるのが分かっているからだ。あそこで踏ん張っていればご馳走にありつけたのに、という展開だけは、彼女の中ではどうしても避けたかった。

 後になって悔しい思いをするくらいなら、一か八かの賭けに乗る。それがエヴァンジェリンの生き方である。コロニーが壊滅してから、ずっとその心意気でしぶとく人間社会で生きてきたのだ。


――作業着の男――千鳥足――アル中――痩身――ハズレ。


「(クソが。どこにも良さげなのがいねーじゃねーか)」

 眉根に皺を寄せて小さく鳴らした舌打ちは、店内に響き渡る空調の動作音にかき消された。苛立つ気分を紛らわそうと、入店した際に無料配布された電子ペーパーをスワイプし、個人報道者コア・メディアが配信するニュースを適当にチェックする。


 曰く『最下層三十二本目の階層間エレベーター落成式、A区で開催される』

 曰く『旧サウス・ストリートの再開発区域、用途をめぐる是非に関して』

 曰く『呪術合戦激化の背景。モージョーの一族の謎にせまる』


 何度目になるか分からない溜息をついて情報の数々を受け流してから、エヴァンジェリンは店内をちらりと眺めた。早朝のファミレスには、客が四人しかいなかった。カウンターに座っているのはエヴァンジェリンだけだった。

 残り三人のうち、一人は店の隅に置かれた二人掛けのテーブルの片方に座っていた。白髪交じりの痩せた中年の男だ。煙草を口に咥えながら電子ペーパーを眺めている。そこから少し離れた二人掛けのテーブルには、若い母親と未就学児と思われる幼女が座っていて、貧相なモーニングにありついていた。


――あらあら、こぼしちゃだめじゃない


 口へ運ぶたびに、パンくずをボロボロこぼす娘の可愛らしい口元を、ナプキンで拭いてやる母親。エヴァンジェリンはちっとも上手くいかない獲物探しを一時中断すると、やや首を後ろに傾けて、親子のやり取りを盗み見つつ、耳を澄ませた。


――ほら、綺麗になったね。

――うん、きれいになったー。おかあさん、ごはんたべないの?

――あなたが先に食べなさい。お母さんはあとで食べるから

――ごはんたべたら、こうえんにいきたいなぁ。いいでしょおかあさん。

――そうね。でも今日は寒いから、あったかくしましょうね。


 鋭敏な聴覚が捉える会話。そこに漂う柔らかさ。エヴァンジェリンは胃を締め付けられるような、やるせなさを覚えた。

 親子の服装は、どちらもみすぼらしかった。特に母親の方は、まだ年若いだろうに、ほつれた前髪に白い線が混じっていて、明らかに疲労の相が浮かんでいる。それでも決して、不遇な生活から募る苛立ちを娘にぶつけるような態度は、少しも見せなかった。それどころか、パンを食べるたびに小さく膨らむ娘の頬を愛おしげに見つめている。

 エヴァンジェリンは、単純に『いいな』と感じた。

 貧しいながらも仲睦まじい親子が紡ぐ会話。そこだけが、ゆったりとした微睡の中にあるような印象を、エヴァンジェリンは抱いた。彼らの会話に安心感を求めようとする自分がいることも自覚していた。

 あの親子には、自分にはないものがある。自分という存在には初めから欠けていた要素を彼らは持っていて、それをどうしたって今の自分は獲得できない。そう痛感したからこそ、エヴァンジェリンのオレンジ色の瞳には、親子の仲睦まじさが、このうえなく羨ましく映った。

 けれども、彼らがいつまでも心地よい微睡の中で生きていられるのかどうか……席の近くに置かれた、母親の持ち物と思しき色褪せた旅行カバンが目に入った途端、エヴァンジェリンの中で勝手に不安感が広がっていった。それが、近年増加傾向にある、マンションやアパートに住む権利を奪われ、ホームレス同然の路上生活を強いられる低所得者に特有の持ち物だったからだ。

 未就学児をシングルマザーの力で支えていけるほど、下層域の経済や福祉は充実していない。児童福祉施設に預けようにも保育士の数が足らず、設備も満足なものを用意できないところがほとんどだった。

 しかしエヴァンジェリンはこう考えていた。保育士不足よりもずっと深刻なのは、自分がこの都市にやってきた最初の年にニュースになった『児童福祉施設の売春斡旋行為』が、今でも撲滅されていない点ではないだろうかと。

 年端もいかない男児女児を、変態性癖の客に貸し与えることで報酬を得る施設の職員たち。彼らが悪意あって子供らに売春を強制させたのではなく、子供を預けっぱなしにして消える親が多すぎるために、施設経営に必要な金を集めるために止む無くそうしたのだと証言する様子がテレビに映し出された時、エヴァンジェリンは胸の内に激しい怒りを覚え、同時に、そんな感情を抱いた自分にひどく戸惑ったものだ。

 エヴァンジェリンは人間の社会になど興味はない。人間が家畜の生活を気にかけないのと同じで。

 それなのに、子供が絡む事件が報道されるたびに、いかんともしがたい感情の暴れが沸き起こり、それを抑えるのに必死だった。

 そのままにしておくと、得体の知れぬ『何か』が――とにかく例えようもない『何か』が、己の肉体を食い破って飛び出してしまう予感を強く覚えた。

 エヴァンジェリンは目線を再び歩道へ戻すと、獲物探しを再開した。しばらくして、通りの端に目が止まった。

 でっぷりと太った中年男が、一人の少女にしつこく絡んでいた。ガラスで遮られているから声は聞こえないが、なにやら男は少女を説得しているようだった。少女の肩や腰に触れるかどうかといった至近距離で、ジェスチャーを交えて口を忙しなく動かしている。

 男は、その迫力ある体型を隠すように青色のジャンパーを着込んでいた。下に履いているジーンズや靴には、はっきりと飛び跳ねた泥染みの痕跡が確認できた。

 けれども、今のエヴァンジェリンにとっては、そんなものはどうでもよかった。重要なのは、男が実に『好みのタイプ』であること。その一点に尽きる。


――おっさん――デブ――ハゲ――汗臭そう――


「(当たりだビンゴ!)」

 本日最初の獲物をようやく見定めたエヴァンジェリンの行動は素早かった。電子ペーパーを丸めてポケットに突っ込み、体裁のために注文した冷え切ったコーヒーをその場に残し、ペイ・カードで支払いを済ませた時点ですでに、彼女は蠱惑的な笑みを浮かべていた。それが彼女なりの、狩りに望む際の作法であった。

 自動ドアを潜る。男は樽のような腹を揺らしながら、なおもしつこく少女に絡んでいた。その背後へ猫のようなしなやかさで近づく。

「ねぇねぇ、おじさぁん」

 普段の言葉遣いからは遠くかけ離れた甘く媚びる声色。狩りのための演技。エヴァンジェリン自体、こういう仕草で標的を釣るのは好ましくはなかったが、生きていくためには仕方のないことだ。

「……!? なんだ女。今こっちは立て込ん……で……」

 振り返って、エヴァンジェリンの肢体を目撃した途端、男は太い首を揺らして、ごくりと生唾を呑んだ。

 エヴァンジェリンのポップな服装――ショッキングピンク柄の猫耳付きパーカーという出で立ちは、十九という年のわりにはやや幼いチョイスだ。だがその一方で、肩のあたりで切り揃えられた髪はブルーのヘアマニキュアで丹念に塗られており、少しオレンジがかった大きな瞳と組み合わさって、不思議と蠱惑的な印象を与えたものだった。

 男の視線を特に釘付けにしたのはエヴァンジェリンのみずみずしい下半身だった。グリーンとホワイトの横縞ストライプが刻まれたホットパンツが、形の良い尻をきゅっと引き締め、アクアブルー柄のハイソックスが白磁のような太ももを一段と細く見せていた。

 靴は履き古した大量生産品のスニーカーで、そこだけが色気とかけ離れていた。しかしながら、絶対領域の放つ瑞々しい肉の眩しさに囚われた男は、さっきまで絡んでいた少女のことなどすっかり眼中から追い出したようで、突如として現れたコケティッシュな女を前に、鼻息を荒くして見とれるしかなかった。

 エヴァンジェリンはをつくると、唇をいたずらっぽく舐め上げて蠱惑的に囁いた。

「おじさぁん、なにボーッとしてるのー?」

「え? あ、あ、いや、あの……」

「そんな女の子に構ってないでさぁ、あたしと一緒に遊びに行こぉよぉ」

 誘い文句としてはいまいちだが、十分だった。目を合わせてしまった以上、魅了チャームの魔力から逃れることはできない。男の精神は、見えない鎖で縛られたも同然だ。

 エヴァンジェリンの瞳から発せられる怪しげな力に惹かれて、男はふらふらと、甘い蜜に誘われる羽虫のように足を動かした。エヴァンジェリンは素早く男の手を取って、蠱惑的な笑みを浮かべて先を急いだ。

 辺りの人々はそんな彼らを時折不審な目で見ていたが、すぐにその場を足早に去っていった。エヴァンジェリンの派手な容姿からして、美人局の類と考えたのだろう。

「ほらぁ、こっちこっち」

 男のカサカサに乾いた右手を引っ張りながら、エヴァンジェリンはファミレスの前を通り過ぎると、そのまましばらく歩き、表通りから完全に死角となる、細く入り組んだ、生ゴミの散らばる路地裏へ男を誘い込んだ。

「お、おい……いったいどこに……」

「ふふ、おじさぁん、ほんといい体してるねぇ~?」

 エヴァンジェリンは振り返ると、男の分厚い体へ躊躇なくぴったりと密着した。男の首筋から漂う鼻を刺すような体臭を、犬のように嗅ぎ始める。

 パーカー越しにかたちの良い乳房の存在を感じて、男は湿った股間を本能的に熱くさせた。

「お、おっぱい……お、大きいんだね……」

 興奮で上ずる声。その反応を面白がるように、エヴァンジェリンが小さく笑った。

「んふふ~♪ すごいでしょぉ~? Gカップもあるんだよ~」

 嘘だ。実際はもっと小さいが、胸部のによって、胸の脂肪をむりやり肥大化させているに過ぎない。

「それにしても、ほんとおじさんイイカラダしてるよねぇ~ ん~♪ このきっつい体臭も、ほんといい感じぃ♪」

 甘い声色で、路地のさらに奥へ奥へと誘い込みながら、エヴァンジェリンは器用に男のジャンパーを脱がしていった。

 男は特に抵抗しなかった。ただなされるがまま、これから訪れるであろう快楽の予感に身を委ねようとした。

「あたしぃ、おじさんみたいな体つきの人、大好きなんだよねぇ~♪」

 細く白い指を男の首に這わせて、蛇のようにじっとりとくすぐる。男が目を細めて感じ入る様子が、更にエヴァンジェリンをますます愉快な心地にさせた。

「頭がツルっぱげなところとかぁ……襟足がないってところも、ポイント高いかなぁ~♪」

「はぁっ! はぁっ! な、なんで?」

「だってぇ……」

 エヴァンジェリンは、濡れた唇を男の耳元へ近づけ、囁いた。

「とっても、噛みやすくなるから」

 食前の宣告。

 それを唱え終えるやいなや、エヴァンジェリンは鋭く尖った自慢の犬歯を以て、勢いよく男の太い首筋に深く噛み付いた。

 その時すでに、彼女の両手は男の肩をがっしりと掴んで、女のものとは思えぬほどの、恐るべき万力によって固定していた。ジャンパーの下に着ていたシャツ越しの肩の肉に、爪が深く入り込むほどの握力だった。

 エヴァンジェリンの上顎と下顎。そこに生え揃った合計四本の犬歯。それは『牙』と表現するのが適切なほどに長大で、男の皮膚を、肉を、神経を、血管を、一時にぶち抜き、血飛沫を辺りに激しく飛び散らせて、彼女にとって最大の栄養源を急速に吸引し始めた。

 生命を生命たらしめる基本要素。すなわち、血液を。

 男は逃げ出すどころか、うめき声一つ上げる事さえ許されなかった。エヴァンジェリンの牙が、吸血と同時に麻酔の何十倍もの効果を持つ麻痺成分を凄まじい速度で血中へ流し込んだからだ。食虫植物に襲われた羽虫のように、男の体は呆気なく自由を奪われ、エヴァンジェリンの強力無比な力の支配下に置かれてしまっていた。

「(んほぉぉおおおおおお!! やっぱりデブの血ってうめぇえええええ!!)」

 脂ぎった血の味と歯触りに混じり、鼻腔をくすぐるのは、男の、古臭い油を彷彿とさせる体臭。

 誰にも邪魔されずに『食事』を純粋に楽しめるこの瞬間、エヴァンジェリンは己の確かな『生』を実感できた。彼女にとっては、まさに至福の時だった。それを証明するかのように、頬がこけて次第に青ざめていく男とは対照的に、エヴァンジェリンの肌は以前にも増して血色が良くなり、艶も増していった。

 奥行のある路地裏であることが功を奏した。表通りを歩く人々は、まさか日常のすぐ近くで、人類を震撼させた生物による残虐行為が繰り広げられているとは少しも知らず、足早に通り過ぎていくだけだった。

 大都市プロメテウスの最下層。そのほんの一角で密やかに行われた吸血行為は、およそ三分という短い時間で終了した。

「(あぁぅ~~~~……美味かった……ふぅぅ、直に吸えた量は……だいたい四リットルってところか)」

 ぽんぽんと腹の辺りを右手で撫でながら、取り込んだ血液量を感覚で推算する。

「(これならしばらく腹持ちするな。血騰呪術アスペルギルムを使っても、なんとかなりそう……って、ベルの野郎が追っかけてこないことに、越したことはないんだけどな)」

 溜息を一つ吐く。吸血の余韻に水を差すかのように、鬱々とした気分が胸中に迫り、かつての同胞の一人の狂気に染まる顔が、唐突に脳裡を過る。だが、万が一にもそんなこと、きっとありはしないだろうと前向きに心を構えることで、エヴァンジェリンは気持ちを持ち直した。

 肩を掴んでいた左手をぱっと離すと、生乾きのミイラのような姿になった男は、力無く生ごみの絨毯へ仰向けに倒れ込んだ。

 男の首筋には、唾液に濡れた四本の犬歯が濃い赤味を帯びて、深く食い込んだままになっていた。驚くべきことに、親指程度の長さを持つその牙の内部には、三リットル近い血液が含まれていた。

 エヴァンジェリンの牙は特殊で、その内部は幾つもの次元に分割されており、血液を充填しておくための異次元空間となっている。何か特別な技術の賜物ではなかった。彼女は、生まれつきこうなのだ。かつて彼女と苦楽を共にした他の仲間たちも、そうだった。

 エヴァンジェリンは新しく生え変わった犬歯の具合を舌先で軽くつついて硬度を確かめながら、男の首に刺さったままの古くなった牙を手で引っこ抜いた。小さく穿たれた穴から、どぷりと、まだわずかに残っていた血が名残を惜しむように漏れ出た。

 四本の牙を手の平で転がしながら、ふと物思いに耽る。

 コロニーがあった頃なら……いや、闇の眷属の支配者たる『太母』が今もなお健在なら、この牙を丁重に回収する意味はある。

 だが、大陸間戦争後の世界で各地の都市を襲い、人々を蹂躙した一族は凋落ちょうらくした。そうして全ては失われたのだ。その現実を改めて受け入れると、エヴァンジェリンは抜け落ちた牙を口の中に放り込むと、キャンディーよろしく噛み砕きはじめた。

 口腔内に溢れ出す莫大な量の血の濃厚な香りと味をしばし堪能し、一滴も零すことなく器用に飲み込み、満足感から軽くゲップを鳴らす。血の旨味に陶然としつつ、まだやるべきことが残っているのをエヴァンジェリンは忘れていなかった。吸血証拠の隠滅である。飯の種として消費したこの男は、あくまでも、ただの猟奇的な殺人の犠牲者に仕立て上げる必要がある。

 右手を筋力操作で膨張・硬化。刃のごとき鋭さを纏わせて、ちょうど噛み痕が残っている遺体の首元めがけて手刀の一撃を放った。

 ぼとり、と音を立てて、男の首が足元に転がったのを確認したときだ。表通りから裏路地にかけて、細く伸びる一つの影が地面に刻まれていることに、エヴァンジェリンは気づいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る