87 サーロインステーキが食べたいです

「地上に戻ってきた……?」

 

 俺たちは呆然と青空を見上げる。

 試しに転移魔法を使ってみた。

 手応えがない。

 ここはまだ迷宮の中のようだ。

 

「あれを見ろ」

 

 イヴァンが前方を指し示す。

 水溜まりが広がる中央に、硝子の筒のような建築物が、空を貫いてそびえ立っている。

 

「アレ、エレベーター」

「何?」

 

 エムリットが跳ねながら何か言ってるが、意味がよく分からん。

 俺たちはピチャピチャ水溜まりを踏みながら、透明な柱に見える建築物に近付いた。水溜まりに広がる波紋が地味に綺麗だ。

 柱の根元には、文字が書かれた白い石板が設置されている。

 うーん、読めないぞ。

 

「あ、この印は、他の迷宮の入り口で見たことがある!」

 

 イヴァンが石板を撫でながら言った。

 石板は中央に水晶球が嵌め込んであって、囲むように模様や文字が刻まれていた。

 

「四つ鍵穴があって、それぞれ鍵穴の下に迷宮の入り口にある印が書かれている。おそらくここ以外の四つの迷宮と何か関係があるんだ。二つは鍵穴に鍵が刺さっていて、鍵穴から光の線が中央の水晶に流れている……」

 

 つまり、どゆこと?

 

「あと二つ、対応する迷宮に行って鍵を見つけないと、この装置は作動しないってことだ」

「えー?!」

 

 せっかくここまで来たのに、先に進めないのか。

 

「そうがっかりするな。最初の探索でここまで来れるのが凄いんだ。すぐに地上に帰れたら、何十年も地下暮らしした俺の立場がない」

 

 イヴァンが俺をなぐさめるように肩を叩く。

 そりゃそうだけどさー。

 光の人影が案内してくれたんだぜ。あの光景を見たら、絶対もうエンディングだって思うじゃないか。

 

「来た道にヒントがないか、確認しながら引き返そう。あ、図書館に本が残ってないかな」

「お前あの本の由来を知っても読みたいのかよ」

「当然だ。迷宮を探索した人の記録なんだろう。読んだら攻略の手掛かりがあるかもしれない」

 

 冷静に説得力のある発言をして、イヴァンは俺たちを連れて回れ右した。

 改めて観察すると、邪神ヒルデがいた図書館は迷宮の中に作られていたらしく、部屋は途中から迷宮地下通路になっている。本棚で隠れて見えなかったのが、俺が焼いたせいで元の姿が現れたようだ。

 燃え残った本を灰の中から拾い上げ、イヴァンは楽しそうにしている。

 

「ちょっと寄り道していいか?」

「えー、だるい」

「肉が旨い牛型モンスターを狩って帰りたいんだが」

「行く!」

 

 食べられるモンスターが出現しなくて残念に思っていた俺は、超テンションが上がった。ルーナはドン引きして「馬鹿じゃないの。肉ばっかり胸焼けするわ」と愚痴った。ええい、肉の良さが分からない奴は先に帰りたまえ。

 俺は氷結監獄アイスプリズンから出たところで、ルーナと赤ん坊ローズと別れ、イヴァンと狩りに出掛けた。エムリットは俺の後ろで跳ねている。

 

 標的はカトブレパスという大きな牛型モンスター。

 動きは鈍重だが、視線を合わせた相手を石化する魔法が使えるという。

 

「そんなの頭を凍らせちゃえばいいよ! えいっ」

 

 俺は氷魔法で頭部を氷付けにして目が開かないようにした。

 イヴァンが剣で首を切ってとどめを刺す。

 カトブレパスの肉は、見た目より大きなものが入るマジックバックで持ち帰った。

 料理方法?

 やっぱり豪快にステーキだろ!

 

 

 

 イヴァンの酒場に戻って、料理を手伝った。

 鉄で出来た調理台の下に専用のかまがあり、拳より小さい石炭が沢山入っている。俺が火を付けると、屑魔石を混ぜこんだ黒い石炭はゆっくり熱くなって、石の中心にうっすら赤い火が灯った。

 調理台の上に、カトブレパスの肩の肉を敷く。

 ジュウジュウと肉の焼ける音がする。

 牛肉は肩から背中の肉が一番美味しいんだぜ!

 

「良い匂いがするな!」

 

 肉の匂いを嗅ぎ付けた大地小人ドワーフたちが、店の中に入ってくる。イヴァンが「カトブレパスの肉を仕入れたんだ。一切れ二十ガルド」と商売を始める。

 俺はカウンターに頬杖を付いて、肉が良い具合に焼けるのを待った。

 暇つぶしに時々ボールみたいなエムリットを指先で転がす。

 やがて、イヴァンがほどよく焼けたお肉を持って来てくれた。

 お肉はシンプルに岩塩を振って頂く。

 んー、うまっ!

 

「大活躍だったそうだな、坊主!」

 

 大地小人ドワーフのおっさんたちが、俺を取り囲むように座って、酒を飲み始める。

 

「あの難攻不落の氷結監獄アイスプリズンを突破したとか。さすが俺たちに酒飲み比べで勝ったことはある!」

「どうも」

 

 酒飲み比べ、関係あるかなー。

 俺はとりあえず誘われるままに乾杯した。

 今日は前回の二日酔いを反省して、アルコール成分無しの冷たい炭酸水だ。

 

「氷になってた奴らが、ニダベリルに帰ってきた。坊主に礼をしたいと言っていたよ」

「別に要らないよ、そんなの」

  

 助けようと思ってた訳じゃなくて、偶然、ついでだし。

 

「そういえばゼフィ」

 

 肉を焼いていたイヴァンが顔を上げて俺を見た。

 

「装備は整えないのか? カトブレパスの肉を売った金もあるんだが」

「鎧は重いから付けたくないなー」

 

 迷宮に落ちてから、仰々しい鎧や盾は買っていない。

 地上で着ていた貴族の長衣は脱いで、動きやすい服装に変えたけど。

 

「剣が使えるんだろう。買ったらどうだ」

「いや、地上で使ってた剣に浮気したって文句言われるからさ」

「??」

 

 イヴァンの勧めに俺は頬を指でぽりぽり掻いた。

 天牙の精霊メープルは、自分以外の剣を使わないでとうるさいのだ。

 

「助けてーっ!」

 

 カウンターで雑談していると、突然、赤ん坊ローズを背負ったルーナが飛び込んできた。

 なぜか息を荒くして鬼気迫る表情をしている。

 

「どしたの?」

「美味しそうな匂いね、ってそうじゃない! 変な男がナンパしてきて、困ってるのよ!」

 

 ルーナが俺の後ろに隠れるのと同時に、酒場に背の高い人間の男が入ってきた。この酒場は背の低いイヴァンと大地小人ドワーフが主に利用しているせいか、天井が低い。男は頭を天井につっかえさせている。

 

「地下でこんな可愛い女性と出逢えるとは! 運命に感謝します! ああ、僕の女神よ、今すぐ結婚しよう!」

 

 金髪の男は、俺の後ろに隠れたルーナに向かってまくしたてた。

 盾にされた俺はどうしようか悩む。

 

「……結婚すれば?」

「なんでそう投げやりなのよ! 私が結婚してもいいの?」

「全然かまわないよ」

 

 だってルーナとは全く親しい仲でも何でもないし。

 地下に落っこちてから一緒に行動してるので、仲間っぽくなってるけど。そもそも俺が地下に落ちた原因は彼女です。

 

「許可も降りたし、教会へ行こう!」

 

 金髪の男はルーナを引っ張り出して、連れて行こうとする。

 大地小人ドワーフのおっさんがポツリと言った。

 

「ニダベリルには教会なんてないぞ?」

 

 しーん。

 金髪の男はちょっと固まった。

 俺は彼が可哀想になったので、助け船を出すことにした。

 

「じゃあ、教会みたいな場所を探そうよ。迷宮にはそんな雰囲気の場所がどこかにあるかも」

 

 大地小人ドワーフたちが「そいつは良い考えだ!」と騒ぎ出す。金髪の男も「ありがとうございます」と嬉しそうだ。イヴァンは「君たち本気で言ってるのか」と呆れ顔。

 ルーナは半泣きになって叫ぶ。

 

「ゼフィ、どうして逆に乗り気になってるのよーっ?! 信じられなーいっ!」

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます