祓い屋へようこそ

作者 朝比奈餡奈

156

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ホラー系でこんなにもホッコリしたのは初めてです!w
時には笑顔に、時には切ない気持ちにさせてくれる作品でした。
ストーリーもさることながら、文章や話の構成はとても読みやすく、読んでいてストレスは感じませんでした。
一気に最終話まで読んでしまうも良し、電車の通勤通学時間のお供にするも良しの大変良作となっております!!
この作品がもっとたくさんの人に広まって欲しい!

★★★ Excellent!!!

一章のみ読ませていただきました!
この後も読むつもりですが、簡単にこの話をレビューします!

一章では、除霊対象である霊と従業員との会話に暖かさを感じました。
結果として霊は、地獄に行かなければなりませんでしたが、少女に救いがあって良かったです!
これからこの祓い屋がどうなるのか?
とても楽しみです!

Good!

典型的なキャラクター小説で、各人が個性的で物語に花を添えています。
物語は、「祓い屋」に持ち込まれる、それぞれの依頼と、それによって引き合わせられる幽霊たちの短編集。
個性派ぞろいの除霊師たちが、各々事情を抱えた幽霊や妖怪たちに、激しく立ち向かって行ったり、時に優しく寄り添ったりと向き合っていきます。

★★★ Excellent!!!

この小説の読みやすさは、「土台がしっかりしている」ことが根底にあると思う。
キャラクター、場所、その他にも沢山の設定……即ち土台を作らねばならない小説の世界だが、この小説はそれを支えてビクともしない土台がある。

誰が読んでも惹かれることは間違いないだろう。

★★★ Excellent!!!

昼間は花屋、しかし夜は祓い屋を商っているサツキ。そして頼もしい仲間たち。

来店した客にとり憑いた霊を一時的に祓い、その後四人で話を聞いて除霊する、という形で連携している。
そして必要に応じて彼らは天罰を手引き、制裁を加えていく。

冒頭の主人公による登場人物紹介も、ぜんぜん退屈でなく、すらすらと読み進められ、頭にちゃんとキャラが思い描けます。

テンポよく話が流れ、設定がしっかりしてる除霊・妖怪もので、とても楽しいです。

サツキの決め台詞「さぁ、除霊しごとの時間です」が、すごく気に入りました!

★★ Very Good!!

はじめまして。読ませていただきました。
こういうジャンルはあまり読まないので新鮮味がありました。その中で指摘をいくつか。

まず、1話から誤字がありますので修正した方がよろしいかと。
あと1話の冒頭からキャラ紹介をするよりも、もっと読者を惹きつける書き方もありかな?と思いました。
例えば「「祓い屋」というのを皆さん、ご存知でしょうか?
実はこのお店、霊が視える人か霊、そのものしか入れないんです。中には悪霊もいて悪さをするので大変なんですが……」など。但し、悪霊というのはあくまで例なので気にしないで下さい。

自分では書けないジャンルなので、これからも読ませていただきます。長文失礼しました。

★★★ Excellent!!!

今まで読んできたオカルト要素を含む作品の中でも、かなり面白いです。
一章一章、綺麗に纏まっていて基本的なキャラクター情報を理解していれば、どこから読んでも楽しめると思います。しっかりとフラグ回収もされている点は普通なことと思われがちですがここまで綺麗にすんなりと出来ているのはスゴいです。
読み進めていくうちにその世界に入り込め、早く続きが読みたいと思いつつも終わってほしくないと思えてきました。

今後どういう展開が待ち、どういう終わりを迎えるか非常に楽しみです。

★★★ Excellent!!!

読みやすい、という文章は有りますが、この作品はとにかく「無駄がない」。一切のぜい肉をそぎ落としたようなテンポの良い流れは読んでいて爽快感すら感じられます。

とはいえ、適当に書いているのではなく、登場人物の描写もしっかり書かれておりますし、何より単なるバトルだけでなく人情的なエピソードもしっかり入っているところが〇

また、専門用語も多く使われており、作者の霊に関する造詣の深さも魅力です。霊的な話に興味がある方も十分楽しめる内容といえるでしょう。

今後の続きが楽しみな作品です。

★★★ Excellent!!!

こういうジャンルにありがちな、ネットリとした陰鬱な感触は無く、悪い言い方をするとファーストフード並みのサクサク感で物語も進む。ちなみに、お祓いの金額も、ファーストフード並み!登場人物は真面目なのに、どこかひょうきんで、深刻さを感じない。話が進むにつれてシリアスに舵を切り出しているように思えるが、これからどう展開していくのか!

★★★ Excellent!!!

素敵な作品を読むことができました。良いと思った点を3つ述べさせていただきます。
1つ目は構想がとてもよく練られている点です。現代の主人公周辺の設定から、独自の用語(概念)、過去に至るまでよく作り込まれていてわくわくしました。
2つ目は登場人物の魅力です。主要人物の緊密な信頼関係と互いへの愛情が感じられて、彼らの物語をもっと知りたいと思いました。
3つ目は、各事件のリアリティーです。1番怖いのは霊ではなく人間ということがよく表現されていると思いました。

★★★ Excellent!!!

普段の姿は花屋さん、そして夜になると祓い屋というお店に姿を変えるなんだかワクワクする雰囲気から物語は始まります!

霊感のある人、もしくは霊に取りついた人しか入れない条件付きでのお話なのですが、とにかくリアルなシチュエーションでありそうな所と、専門用語が詳しく描かれているのも私的にポイント高いです!

色々な問題を従業員と共に話数をかけて解決していくのにも魅力を感じ、とても読みやすかったです!