ラノベの黒猫の咄

作者 月本峰治

いろいろと新しい

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公、『ガラナ』は無口で無表情ですが、
頭の中では色々考えたり、メタなことを言ったり、堂々と読者に自分のイラストが決定したとお知らせしたり。
『斉木楠雄のψ難』の斉木に似ていますね。
 ですが#青編の最後からして、やがて人間っぽい表情や発言も近づいていくのではないでしょうか。

 ところで文体ですが、これが小説!?!? と思うほど特殊です。
『www』や『(怒)』や顔文字などが会話文に含まれます。なので色々楽しみながら見れます。

 また、物語の方も 主人公、ガラナは想像体のため、いつでもラノベから復活でき(恐らくタイトル名もそれに由来)、Reゼロのスバルのように何度も戦って、死んでは復活して敵を倒すのかと思いきや……
といった感じで戦闘ノベルでもありません。

 話(咄)のエピソード毎の文字数も少なく全体でも短編ですし、wwwなどの文体もあり、読みやすいです。
 是非是非。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー