Talk.3

カズトたちはスライムの群れを倒した!


カズト「雑魚共め、せいぜい共食いでもして精進するこったな。まあどんなに強くなったところでこのオレに敵うはずもないがな」

レンカ「捨てゼリフから始まる主人公ってどうよ」

ミナ「カズト、そいつらもう死んでるよ?」

カズト「いいんだ、所詮雑魚のスライムだ」

リオ「スライムは魔物の中で最も弱いとされてる魔物だぞ……。お前、スライムの扱い酷くねーか?」

ミナ「リオの扱いとおんなじだね!」

リオ「なんだと、このガキ!!」

カズト「この空気でマジレスとか空気読めよクズリオ」

リオ「なんだよクズリオって!?名前みたいにサラッと言わないでくれる!?」


レンカ「テメェら全員スライムに謝れ」

カズト「あー?」

ミナ「えー?」

レンカ「黙って従え悪ガキトリオ」

リオ「って、えー!?レンカちゃん、ボクもこいつらと同じなのかい!?むしろボクは被害者」

カズト「差別だ!リオと同じ括りにされるなんて、オレらに人権は無いのか!?」

ミナ「そうだよ!ミナとカズトが一緒なのは嬉しいけど」

カズト「嬉しくないよ」

ミナ「ミナとこのクズリオとを一緒にするなんて正気の沙汰じゃないわ!」

リオ「その名前で定着すんのやめてくんない!!?こっちからもお前らと一緒なんて願い下げだっ!!」


レンカ「じゃあ謝れ、スライムに」

リオ「ってかレンカちゃん、謝るのってスライムだけ?普通そこはボクに謝る方が先なんじゃ」

カズト「スライムさんすいませんでした」(棒読み)

ミナ「ごめんねスライムさん」(棒読み)

レンカ「よし」

リオ「って、ちょっとぉ!?棒読みの謝罪じゃねーか!?それとボクには!?」

ミナ「スライム以下の奴に謝る価値なんてないもーん!」

カズト「クズリオ」

リオ「ぬわぁんだとぉ!?このクソガキ共!!ボクをスライム以下、クズ扱いするんじゃねぇ!!」

レンカ「つかいちいち喧しいわボケェ!ちょっと黙ってろ!」

リオ「レ、レンカちゃんまで……!」


カズト「それよりスライム狩りしてたら腹減った。飯にしようぜ」

ミナ「ミナもお腹空いたちゃった!レンカ、ご飯ー!」

リオ「くっそ……お前ら……」

レンカ「ほら、飯の準備すんぞ。リオ手伝え」


   了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー