Note 1-3

小ネタ集 1冊目3頁

№31〜№45

 *

31

リオ「やばいね、アイドルになった気分!」

ミナ「死ね」

カズト「失せろ」

レンカ「引っ込め」


リオ「泣きそう」

ミナ「え…………」

リオ「え、なんでどん引きしてんの?ボクの味方はいないのか!?」


レンカ「諦めろ。見た目の時点でお前負けてるから」

リオ「レンカちゃん、それ慰め?」

レンカ「…………」

リオ「なんで黙っちゃうの!?」


カズト「……………………」

リオ「そしてなんでボクはお前に「こいつ誰」的な目で睨まれてんの?ボクなんかした!?」

カズト「……こいつ誰」

リオ「ごめん。それわざわざ口に出さなくていいよ。もっと傷付く」



32

セイム「サキネ!おれ強くなったかなー?」

サキネ「仰る意味がわかりませんよセイム様。要件があるなら直接言ってください」

セイム「ええー!?直接って何!?」

サキネ「手合わせもしてないでどうしてセイム様の実力がわかるのでしょう?」

セイム「え!?それってつまり、サキネと手合わせするってこと!?」

サキネ「あら、自信なさ気ですね。強くなったのならきっとあたくしにも勝てますでしょ」

セイム「うう…でも…」

サキネ「勇者になりたいのでしょう?」

セイム「うん!サキネ、お願い!」

サキネ「かしこまりました」



33

カズト「バーカ、そんなんでオレを倒せると思ってんの?」


レンカ「アンタにアタシは倒せねーよ」


リオ「死に目を、見せてやるさ!」


ミナ「ふふ、手加減してもいいのよ?」



34

リオ「ボクが今更この銃を取り出した意味がわかるかい?…テメェは今ここで、ボクが魂を賭けてでもぶっ潰す!!」



35

カズト「運命は変えられる?未来は作るもの?…ならやってみせろよ。運命を変える物語なんざ、結局変えることも含めた運命なんだよ。所詮誰も運命論から逃れることは不可能なんだ」


「そうでなきゃ、オレはもう死んでていいはずだ」



36

ミナ「眠いーー」

リオ「じゃあ寝ればいいじゃん」

ミナ「クズリオは本当にクズね。キミは歩きながら寝れるの?」

リオ「できるわけねーだろ」

ミナ「それと同じで、箒に乗りながら寝るなんてもってのほか!少しは考えて物言えよクズリオの分際で」

リオ「んなもん知るかよ!」


レンカ「(いつも寝てる時は寝てるんだけど、まあミナのために黙っておこうか)」



37

カズト「はらへった、もう歩くのやめね?」

レンカ「町につかないと飯ねーぞ?」

ミナ「ワープしちゃおうよ」

リオ「それって、どうなの」

レンカ「いいね」

リオ「いいの!?」



38

ミナ「どう?ミナと遊ばない?種目は勿論、このトランプでね!」


カズト「ウノしようぜウノ」

ミナ「やるやるー!」

リオ「おいっ!」



39

カズト「…めんどいなー。オレは今腹が減ってるんだよ。邪魔するってんなら容赦しねえ、どけ」


レンカ「お前から容赦って言葉が出るとは」

ミナ「カズトってばいつも容赦ないじゃーん!」



40

リオ「あのさ、なんでいつもボクに対する当たり強いの?」

レンカ「…そういう生まれ?」

リオ「………もっと傷ついた」



41

#Qあなたは何故戦うのですか


カズト「宿命、あと暇つぶし」

レンカ「強くなるため」

リオ「生きるための義務、かな」

ミナ「楽しいからー!」



42

カズト「こんなクソみたいな世界でさァ、いったい何を望むんだ?そんなことをしたところで、お前にとって何の利益がある?意味なんざねーだろ。だから問う。お前は、何をしているんだ?答えろよクズ野郎」



43

レンカ「夏バテにはスタミナあるもん食うといいぜ!」

カズト「そうめんでいい」


レンカ「せめて担々麺にしとけや」

カズト「暑いのに?辛いものを?バカか。いいか、水だけ飲んでりゃ暑くても死なね……」

レンカ「バカはテメェだ!」



44

カズト「レンカ、お前に一つ言っとくがな。オレも男だ。やはり女は胸があってこそだと思うんだ」

レンカ「人の顔見て真顔で力説してんじゃねぇよ…!」

カズト「安心しろ、オレはお前を女としては見てな………

レンカの回し蹴り炸裂で遠くまでふっ飛ばされるカズト。(但し彼には傷一つなかった!)



45

シア「ふふふー、よくきたねぇカズト氏!噂は予々聞いてるよ、お姫様の駆け落ち王子サマー」

カズト「王国直属研究員モンスター研究所属のシア。お前はまだ生きていたのか、モンスターに食われて死んどけ」

シア「スライムに食されて死ぬのは本望かな!今日は僕に何用?」

カズト「珍しいモンスターを見掛けた。情報がほしい」

シア「スライムゼリー」

カズト「入り口に捨て置いた」

シア「ありがとうー!今日は何色かなー?うふふふぇふぇスライムたん愛してる」

カズト「死ね」

シア「で?なんの情報?」


レンカ「なんだこのツッコミを許さないやりとり」

ミナ「互いの接し方に慣れてるのかな?」

リオ「会話噛み合ってねーぞ」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー