想・身・想・着 ラプラティカ

作者 紀向 世文

ヒーローが実在するのだとすれば、こういうことなのかもしれない

  • ★★★ Excellent!!!

ヒーローの条件とは何か? 
 正体を知られてはいけない。
 正義を守る。
 そして悩む。
 助けを求められれば助け「なければならない」
 ボロボロであっても立ち上がら「なければならない」

鈍色をした金属質の肩パッド、鈍色の金属質のスーツ。手の甲にはピンクの宝石
しかし当の本人は、それがなにか検討もつかない。
問答無用で襲い来る『敵』問答無用で勝手な名を呼ぶ……マーシー

(; ・`д・´)とりあえず描写が生々しい。痛い痛い!!

≪「どこかにいるんだよなぁ、あれって正義のヒーローだぜ」≫
≪「映画の見過ぎだろ」≫

真のヒーロー像とはなんぞや。それはこの物語にあるのかもしれない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

田中ヒロミチさんの他のおすすめレビュー 4