君の神様になりたかったな。

作者 リンゴン(青い看板)

32

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

恋愛小説ながら、「神様」の単語が出てくるのが、私にとっては不思議で、いったいどういう意味だろう? とワクワクしながら読み進めたら、
「そういう意味か~!」
と両手で顔を覆いました。

なんという甘酸っぱい、純粋な思いでしょう。
大人になったら、どうしても人生だとかお金だとかに縛られて、本当の想いに気付けなくなりますが、この物語は本当に「恋」と相手への「想い」だけで出来ています。

純粋な心を忘れそうなほど疲れている友人に、この物語をお勧めしたいです。