第30話 衣装合わせ

 創立記念祭まであと数日となった。

 相変わらず学院騎士団は雑務で忙殺されているが、私たち自身も創立祭の出し物の準備を徐々に進めている。


「はーい、みなさん少し手を止めてくださーい」


 そう言ってパンパンと手を叩いたのはレーネである。

 その声に、学院騎士団の面々の動きが固まる。

 メイド道ブートキャンプの後遺症は重症らしい。


「何だ、レーネ……先生」


 普段は砕けた口調のロッド様も、レーネに対しては先生呼びである。

 レーネやばい。


「みなさんが記念祭で着る衣装が出来たので、合わせてみて下さい」


 衣装をこちらへとレーネが言うと、オルソー家の者とおぼしき商人たちが服を運び込んだ。


「男性陣はメイド服、女性陣は執事服です。サイズは少しだけ大きめに作りましたけれど、あまりぶかぶかなようならこちらで調整します」


 そう言いながら、レーネは一人一人に衣装を配っていった。


「着替える場所が必要だな……。オレら男子はここで、女子は隣の空き教室を使えばいい」


 こっちの方が散らかってるからな、とロッド様は笑った。

 その言葉に従って、一旦男女に分かれて着替える。


「執事服ってどう着るんですの?」

「あ。着付けは私がしますよ」

「……。レーネに頼みますわ」


 クレア様は身の危険を感じたらしい。

 うん、正しい。

 でも――。


「レーネは会議室で男性陣の着付けですよ」

「……仕方ありませんわね」


◆◇◆◇◆


「……アリだな」

「アリですね」


 ロッド様は自分を見て、私はクレア様を見て、それぞれそう言った。


「……ロッドはどうかしているな」

「この者がどうかしているのはいつものことですが」


 セイン様は溜め息交じりにそう言い、クレア様も肩をすくめている。


「スカートって落ち着かないね」

「執事服は意外と悪くありません」


 ユー様は苦笑し、ミシャはまんざらでもない顔だ。


 一通り着替えが済み、内々での衣装のお披露目となった。


 メイド服はヴィクトリアンテイストのクラシカルなものだった。

 スカートはあくまで長く、エプロンも装飾の少ない実用性重視なもので、色は白と黒で統一されている。

 ホワイトブリムなどもってのほかとばかりに室内帽を被った姿は、まさに古き良き英国のメイドさんである。

 ここはイギリスとは縁もゆかりもない異世界ではあるのだが。


 執事服も基本的にはヴィクトリアンテイストのものだった。

 黒のジャケットに白のシャツ、グレーのウェストコートに赤のタイ。

 こちらも古き良き英国を思わせる執事か家令を想起させる。

 繰り返すが、ここはイギリスとは全く関係ない異世界である。


「……王子さま方は普通に似合っていますわね」

「はは、そうか?」


 呆れたように言ったクレア様に、ロッド様がおかしげに笑いかけた。

 声こそ男性のそれだが、超絶美形のロッド様は化粧の効果もあって、女装しても普通に美しい。

 表情が大きいので、もう少し慎みが欲しい所ではあるが。


「……」


 対照的に不機嫌そうなのはセイン様である。

 冷たい美貌のセイン様はどこか普段のミシャに近い。

 いわゆる氷雪系である。

 クレア様が複雑な表情で見ている。

 そりゃそうだろうね。


「ねえ、ミシャ。僕、変じゃない?」

「……お可愛らしいと存じます」


 言葉面こそあんなだが、ユー様は絶対楽しんでいる。

 ふわふわ王子様は女装してもふわふわである。

 私の脳裏に男の娘というワードがよぎった。

 ユー様は私の視線に気づくと、パチンとウィンクして見せた。

 可愛いけど、クレア様一筋の私には効かないよ?


「男装って言われたときはどうしようかと思ったけれど……意外と悪くないわね」


 ミシャはちょっとどうかと思うくらいに執事服がハマっていた。

 もともと冷たい雰囲気を持つミシャは、完全に有能系執事と化している。

 後ろでまとめた髪からのぞくうなじがなまめかしい。


 そして――。


「どうしてこのわたくしが男性の……それも使用人の服などを……」


 不機嫌そうにつんとしているクレア様は、なんというか残念な雰囲気になっていた。

 いや、似合ってはいる。

 似合ってはいるのだが、生粋のお嬢様オーラをまとうクレア様には、執事服はどうしても着せられている感が半端ない。

 端的に言うと――。


「罰ゲーム?」

「思ってても言うんじゃありませんわよ、そういうこと!」


 ぎゃーっと噛みついてくるクレア様には申し訳ないが、どうしても罰ゲームにしか見えない。

 容姿は文句なしだが、クレア様はやっぱりドレスとかの方が似合う。


「平民はやっぱり平民ですわね。使用人の格好がお似合いですこと」


 反撃とばかりにクレア様が嫌みったらしく笑った。


「まあ事実、私はクレア様の使用人ですし?」

「……からかいがいがありませんわね」


 そう言われても。


「うーん……しかし、こいつは予想外だな」

「何がですか、ロッド様」


 声色に不満をにじませて言うロッド様に、レーネが尋ねた。


「オレが聞いた男女逆転カフェっていうのは、もっとこうイロモノっていうか、似合ってなくて笑えるものなんだよ。これじゃあ、笑いは取れそうもない」


 いや、別に笑いを取りに行く必要ないよね?

 私が突っ込もうとしたその時、ロッド様に呼びかける声があった。


「そのことでしたら、ご安心を」


 ランバート様だった。

 彼も美形なので、女装におかしみはあまりない。

 どこに安心する要素があるのか、と思っていると――。


「ぶはははっ!」


 ロッド様が吹き出した。


「ロッド様! 笑わないで頂きたい!」


 原因は団長のローレック様である。

 無骨な武人といった容姿のローレック様の女装は、ロッド様が期待したようなかなり笑えるものとなっていた。

 メイクを担当したレーネもかなり頑張ったのだろうが、それでもやはり限界があったと見える。


「……だから、嫌だったんだ……」


 男泣きに泣くローレック様。

 涙でメイクが崩れてさらに酷いことになっていく。


「ローレック……、お前は合格だ。むしろ、お前こそが主役だな」


 完全にツボに入ったロッド様は遠慮無く大爆笑している。

 他の人は笑うに笑えない、といった面持ちだ。


「ご冗談が過ぎますぞ! 私は接客などしませんからな!」


 キッチンに籠もる、と宣言するローレック様。

 そりゃあ、貴族のご子息なら、嘲笑の対象になるのは耐えられないだろう。


「なんでだ?」


 その辺りの機微に全く無頓着なロッド様。

 まあ、ロッド様の性格なら、たとえ女装が似合っていなかったとしても、喜んで笑いを取りに行ったとは思う。


「……ロッド、その辺りにしておけ。ローレックが気の毒だ」


 逆にそういう負の心理には敏いのがセイン様である。

 彼の取りなしで、ローレック様はキッチン担当でいいということになった。


「しかし、だとするとキャバリアーの売りはなんだ? 笑えない男女逆転カフェなんて面白いか?」


 不満そうなロッド様に、レーネが手を挙げた。


「普通に、美男美女が接客するカフェは需要があると思います。給仕をするのが王族や上級貴族の方々であればなおのことです」

「そういうもんか?」


 ロッド様はまだ首を捻っているが、これはレーネが正しいだろう。

 記念祭には平民もやって来る。

 そんな彼らが王侯貴族の接客が受けられるとなれば、その是非はともかく耳目は引くだろう。


「まあ、いいか。それじゃあお前ら、記念祭当日まで気を引き締めていくぞ」


 ロッド様が〆た。

 どうでもいいけど、その格好でその言葉使いはなんとかして欲しい。


「……なんですの?」

「いえ、口直しをと思いまして」

「?」


 罰ゲーム感が漂っていても、クレア様が可愛いという事実は微塵も揺らがない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます