初恋物語

作者

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

LGBT(同性愛者)という言葉が一般にも認知され始めてからしばらく経ちますが、それでもやはり自分がそうだと認めるのは簡単では無いと思います。ましてこの物語の舞台は、今よりさらに世間の理解が浅かった十数年前。

同じ性別、それもずっと一緒にいた親友を好きになってしまった事をすぐには受け入れられず、その気持ちに蓋をしようとして……そんな苦悩や切なさがとても丁重に描かれています。

恋愛モノとして面白いのはもちろんですが、性的少数者の方への理解を深める足掛かりにもなれるようなお話だと思いました。
自分自身の周りにはそう言う方はいませんし、フィクションにおいても所謂BL作品などはほとんど読んだ事がありません。ですが同じような方もぜひ目を通してみてください。恋愛がしっかり描かれてるので一つの物語としてとても面白く、だからこそ彼らの気持ちに自然と寄り添う事が出来るはずです。

★★★ Excellent!!!

作者様の代表作、『高校生』のスピンオフ作品。ですが内容は独立していて、今作だけでも問題無く読むことが出来ます。

後にオネエとなる高校生の少年、高崎亜希。そんな彼には親友がいました。
だけどそんな親友に彼女が出来て、仲の良い二人を見ているとイライラして。自分の気持ちに気付いていって……
好きになってしまうのは仕方が無い。だけどそれは誰にも知られるわけにはいかない、秘密の恋。隠し続けなければならないのは、辛い事です。

自分はBLはほとんど読んだ事が無いのですが、楽しむことが出来ました。
同性を好きになってしまった亜希の苦悩が痛々しいほどよく描かれていて、誰かを好きになると言うのはどういう事かを、考えさせられるお話です。