日曜日の予定


―――


 授業も全部終わって帰ろうとした時、篤に呼び止められた。


「亜希、ちょっと……」

「何?」

「屋上に出ないか?」

「うん……いいけど。」

 有無を言わせない口調の篤の後をついて屋上に出る。すると篤はフェンスに凭れて遠くを見つめて言った。


「朝の事、気悪くしたなら謝るよ。あれは実は……」

「ストップ!」

「え?」

「改まって何言うかと思ったらそんな事?」

「そんな事って……」

「大丈夫だよ。気悪くなんかしてないよ。」

「本当か?」

「うん。」

「良かったぁ……」

 突然篤がその場に座り込んだ。


「篤!大丈夫?どうしたの?」

「俺、心配だったんだ。お前、今日一回も目合わせてくれなかったし、怒ってんのかなって……大事な友達が離れていくようで怖かった。」

「……へぇ…友達、か。」

「ん?どうした?」

「ううん。何でもない。ねぇ、そろそろ帰らない?段々暗くなってきたし。」

 夕陽に目を細めながら篤の方を見ると、じっと俺を見つめてくる。

「ん?何?」

「あ、いや……」

「ふーん?ま、いっか。じゃあ帰ろうか。」

「おう。」

 篤の返事に顔を上げて笑顔を見せる。その時篤がハッとした顔をしたように見えたけど、すぐに背中を向けたから気のせいだと思い直した。



「…………」

 帰り道、篤と並んで歩きながら物思いに耽る。

 さっき篤が言った通り、今日一日篤とは目も合わせず会話もしなかった。

 でもそれは怒ってたからじゃなくて、ただ隠し事された事への不満と一緒にいた友達への嫉妬だ。

 だけどそんな事言える訳もないから、ああやって誤魔化すしかなかったのだ。


「……き?あき?……亜希!」

「……え?」

 名前を呼ばれてビックリして顔を上げる。と、篤の顔が目の前にあって更にビックリした。彼は心底困った表情で立っていた。


「あ……ごめん。何?」

「まったく!何回呼んでも起きねぇんだから。歩きながら寝るとか器用だな、お前。」

「ごめん、ちょっと考え事を……」

「考え事?……まぁ、いいや。それより今度の日曜日あいてる?」

「え?今度の日曜日?え…っと……」

 土曜日は一緒に映画を見に行こうと思ってたけど断られたし、日曜日は元々予定は入ってない。っていうか土曜日は用事あるっぽかったのに、日曜日はあいてたのか。


「うん。何も予定はないよ。」

「そっか。じゃ俺の家に来て。」

「わかった。」

 頷いたものの急に緊張してきた。

「十時に来いよな。」

 篤、やけに嬉しそう……でも篤の家行くの久しぶりだな。


 何か日曜日が楽しみ♪



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます