明日も同じ空を見てる。

作者 はとり

好きっていうのは、ただ護りたいだけじゃない。

  • ★★★ Excellent!!!

辛い運命に逢い、今もほぼひとりぼっちで暮らす少女、ユミ。
ユミの兄の友人であり、ユミのことをいつも気にかける、一也。

二人はいつしか、なんの決めごともなくごく自然に交流を始めます。

この物語の最大の読みどころは、一也から見た「ユミ」の像の変化です。
ユミはかわいらしい少女ですし、薄幸ということもあいまって、一也はユミを護ろうと強く思います。
この弱い少女を、護ってやらなければ、と。

だけど違うのです。
ユミの中にもあった。
ぴかぴかとした青さの中に揺れる思いは、ユミの中にもたしかに存在していたのです。

その種火を知った時、一也はどう思うか。
どういう行動に出ようとするか。

ぜひ、一人の少女に対する視点と観点の変化を楽しみつつ、あなたも一也になっていただければと思います。

朧なる恋に、輪郭が生じる――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いっさん小牧さんの他のおすすめレビュー 85