明日も同じ空を見てる。

作者 はとり

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 本作品は、「渡り鳥三部作」と銘打たれたシリーズの、三部目に該当する短編小説である。作品が持つ魅力については、すでに素晴らしいレビューが投稿されているので、当方はそれらとは少し違った角度で、本作品を紹介したいと思う。

 一読して、まず宮本輝の短編小説『蛍川』を連想した。
 夏の終わりのある日に、過去に亡くした友への想いを馳せるという内容が、そういう印象につながったのかもしれない。本編もまた、静かな対話の中で、語り手である主人公が過去に犯してしまった罪――しこりとなっていたそれが浄化されてゆく、そういうストーリーである。
 とはいえ、『蛍川』の結末が不条理さと無気味さを併せ持つ、やや不可解なものだったのに対し、本作品で提示されているのは未来(あす)へ向かおうとする若者たちの決意そのものである。
 それは、まさに夏の終わりに吹く秋風のごとく爽やかで、天高く舞い上がる渡り鳥の視点にも似た飛翔感を味わわせてくれる。

 ポイントとなるのは劇中で行われるキャンプファイヤーだ。
 しかし本格的な物ではない。
 ちょっとした小道具を組んで作った櫓を焚き上げる、そういう類のもの……。


 そう、「お焚き上げ」なのである。

 本編を一読していただければお分かりかと思うが、ここで紡がれるのは、遺された親族と主人公による、亡き友への鎮魂と追悼の儀式なのだ。劇中の季節的に、「送り火」と言い換えても差し支えないかもしれない。

 ネタバレを避けるため詳細は書かないが、それによって主人公を縛る「過去からのしこり」は浄化されてゆく。
 そこに描かれているのは、「想いというのは時として断ち切らねばならないものもある」という、強い決意の表れだ。思い出に別れを告げることこそが、亡き魂に対する最大の供養である……。あくまでも私見だが、そのようなメッセージが込められているようにも思えた。

 しかして、キ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

辛い運命に逢い、今もほぼひとりぼっちで暮らす少女、ユミ。
ユミの兄の友人であり、ユミのことをいつも気にかける、一也。

二人はいつしか、なんの決めごともなくごく自然に交流を始めます。

この物語の最大の読みどころは、一也から見た「ユミ」の像の変化です。
ユミはかわいらしい少女ですし、薄幸ということもあいまって、一也はユミを護ろうと強く思います。
この弱い少女を、護ってやらなければ、と。

だけど違うのです。
ユミの中にもあった。
ぴかぴかとした青さの中に揺れる思いは、ユミの中にもたしかに存在していたのです。

その種火を知った時、一也はどう思うか。
どういう行動に出ようとするか。

ぜひ、一人の少女に対する視点と観点の変化を楽しみつつ、あなたも一也になっていただければと思います。

朧なる恋に、輪郭が生じる――。

★★★ Excellent!!!

 身内を不幸な事故で亡くしてしまった少年の妹ユミと、その親友一也の心の交流をテーマにした作品です。

 親しい人が他界してしまったことにおける、少年たちの苦悩がしっかりと描かれています。彼らがお互いに苦悩を語り合いながらも、未来へ向かって歩み続ける場面が印象的です。
 また作中では、まだ携帯電話が普及していない世界観の中でお話が進みます。フィルム写真というレトロな雰囲気を感じさせる媒体が、作品をよりリアリティある物語へと演出しています。

 短編小説ながらも人の死に真正面から向き合った、少年少女たちの心の物語――あなたも一緒に読んでみませんか?