探偵はもう、死んでいる

作者 二語十

44

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

楽屋話的な話題で恐縮なのだが、新作特集であるこの「金のたまご」のコーナーとミステリーというジャンルはあまり相性が良くない。

なぜならミステリーというジャンルはオチが命。途中までワクワクして読んでいたのに、ラストでガッカリしたという経験は誰でも一度ぐらいあるだろう。
というわけで新作ミステリーの場合、未完のものがどうしても多くなってしまうため、途中まで面白かったとしても紹介するのが少しためらわれてしまう。

そういった前振りをした上で、あえて今回はこの未完のミステリーを紹介したい。
「お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?」という台詞から始まる導入。
現在高校生、元・名探偵の助手という主人公の設定。彼と依頼人の小気味良い会話の応酬。そして「あんたには、私が探してる人を、探して欲しいの」という奇妙な依頼内容……

といった具合に、どの要素をとってもレベルが高く読者の興味を強く惹きつける内容になっている。

まだ完結していないので、本作を最後まで読んだ時にどんな感想を抱くかはまだわからない。
もしかすると「騙された……」と思うこともあるかもしれない。
しかし、現時点での本作に対する思いは「騙されてもいいから、早く続きが読みたい!」だ

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

序章からもう釘付けである。
「探偵はもう、死んでいる」
「お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?」
この一見ありふれた有名なフレーズを、このお話は実に見事に自分のものにしてしまっている。

これから始まる壮大な物語が、序章の中に一気に、そしてスマートに詰め込まれている。
今後はそれを紐解くストーリー展開となると思われるが……続きが楽しみで仕方ない一作である。

★★ Very Good!!

南雲 千歳(なぐも ちとせ)と申します。
僭越ながら、レビューを書かせて頂きます。

この作品は、序章と第一章で、既に2人の探偵らしき人物が登場します。

数多くの探偵が登場するのは、清涼院流水や西尾維新の作品を彷彿とさせる世界観ですが、高校生である主人公は『逆転裁判4』の成歩堂龍一の様な立場にあるのか、青春を謳歌していて、現在は探偵業をしてい無い様です。

探偵と聞いて嫌な言葉だと感じて仕舞うそんな彼が、今後どの様に事件を解決して行くのか、はたまた、どの様な事件に巻き込まれるのか(既に暴行事件に巻き込まれていますが)、今後の展開が大いに期待出来る所です。

是非、ご一読なさってはいかがでしょうか。