探偵はもう、死んでいる

作者 二語十

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全31話

更新

  1. 第0話 四年前のプロローグ 
  2. 第1部 空飛ぶ探偵と心臓の忘れモノ
  3. 第1話 ミステリの冒頭は、おっぱいを転がせ
  4. 第2話 助手と依頼人――探偵は、不在
  5. 第3話 ねえ、この心臓、誰のもの?
  6. 第4話 金髪婦人警察官「お前の頭を吹っ飛ばす」
  7. 第5話 いいえ、それは淫語ではなくて隠語です
  8. 第6話 心臓、コウモリ――人造人間
  9. 第7話 助手は過去(プロローグ)を回顧する①
  10. 第8話 助手は過去(プロローグ)を回顧する②
  11. 第9話 助手は過去(プロローグ)を回顧する③
  12. 第10話 今も、ずっと、憶えてる
  13. 第11話 探偵はもう、死んでいる
  14. 第2部 スーパーアイドルと三十億の秘宝
  15. 第12話 そうです彼女が自称「さいかわ」アイドルです
  16. 第13話 私は、死なないから
  17. 第14話 それが唯にゃクオリティ
  18. 第15話 さふぁいあ☆ふぁんたずむ
  19. 第16話 スーパーアイドルはかく語りき
  20. 第17話 その瞳に視えているもの
  21. 第18話 それはどんなアイドルよりも
  22. 第19話 お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?
  23. 第3部 豪華客船と絶死の孤島
  24. 第20話 ここは地獄、夢の国。三番目の、依頼人
  25. 第21話 そうして昔、名探偵は死んだ
  26. 第22話 最悪が、はじまった
  27. 第23話 三十億の秘宝は、こう使う
  28. 第24話 あるいは四年前の再現のように
  29. 第25話 鉄の風船
  30. 第26話 その名前は「希望」
  31. 第27話 夜空にはためく黄金色の旗印
  32. 第28話 Buenos dias
  33. 第29話 君と過ごした、あの目も眩むような三年間は
  34. 最終話 やがて未来のエピローグ