第19話 薬をひたすら生成するだけ

「し、死ぬ……」

「今日はずいぶんと遅いなァ、アシナ!!一周追加だ!」

「お、鬼か……」


 どうも。ののです。

 久しぶりの薬なしでの訓練地獄に意識が白んで来ています。泣きそう。


 なぜ薬を使わないのか?


 遠征まであと6日。遠征には薬を大量に持っていきたい。→日々の生活で使う分を減らせばたくさん用意できる!→訓練で使わないようにしよう!→今


 こういうことだ。


 ステータスが上がると良いな。上がらなかったら、何か報われない気がする。


 尚、戦闘中に薬を生成しなければならない状況も考えられるため、MPが時間経過で回復次第、即座にポーションを作っていたりもする。

 頭痛と疲れのフルコンボだ。


 ポーチの中から水とハーブが消えていく。

 途中で空き瓶が足りなくなったので、口のなかに生成していく。


 捨てる?もったいないからやるわけないだろ!


 ミントの苦味にもう嫌になってくる。

 そんなとき、脳内にアナウンスが流れてきた。


[生成(薬品)のレベルが上がりました。]

[アビリティ、【MP軽減】が手に入りました。]


 なん、だと!?

 驚いて、ステータスをチェックする。


名前 足名 のの

種族 人間 レベル 1

ジョブ 薬師

HP 25(25) MP 18(2) 筋力 18 知力 30 瞬発力 18 精神力 31

アビリティ 

生成(薬品)【6】(1up) 薬物知識【4】 精神汚濁耐性【3】 MP軽減(薬品)【1】(new!)


 試しにMPが2しか残っていない現状で低級ポーションを生成してみる。

 低級ポーションをMP代用なしで生成するには、MPを3使用する必要がある。


「【生成(薬品)】……出来た!」


 嘘だろ?使用するMPを3分の1減らしてくれるチートか?チートktkr?




 後々確認してみたところ、使用するMPを1減らしてくれるだけだった。

 解せぬ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます