規約違反!……から始まるカクヨム生活

作者 安田りせ

相対的視点がもつ、幸せ

  • ★★ Very Good!!

見出しの通りです。通読してまず感じたのがここでした。
以前使っておられた別のサイトとの機能や性質の比較にはじまり、ひいては作者様自身と他利用者との比較にいたるまで、全編を相対的な視点でもってつづった、非常に静謐なイメージの評論になっています。

今の世の中、「相対的」というとあまりいいイメージがないかもしれません。
マスメディアの影響もあり、「〇〇はこうだったのに、××はこうだ」のような、そういう皮肉として利用する論調が目立つからです。
しかし本作品における相対的視点は、決してそういう意味合いに落とし込むための手段ではありません。すべて、書き手であり読み手でもある作者様自身のこととして受け止めてゆく、そんな真摯さと誠実さのあらわれに結び付いています。簡単に言うと、読んでいて非常に「幸せ」を感じる――。

いまや小説投稿サイトは数多くあります。ですが、それぞれに規約や特色としての機能があり、何かを発表しようと思ったら、必ず「どこかには所属」しなければなりません(個人サイトでの発表なら話は別ですが…)。おまけに各サイトごとに所属しているユーザーの質もまったく違う…。その上で、じゃあどこで楽しもうか――よくかんがえてみれば、とても難しい選択だと言えましょう。
そういう背景のなか、ここ「カクヨム」を活躍の舞台に選び、そこを最大限楽しもうという書き手の姿勢に、前述した「幸せ」を感じるのです。

私事ですが、当方も先日ちょっと首をかしげるような出来事に遭遇しました。
う~ん、こういうユーザーはどうなんだろう? こういう空気が蔓延しているのはどうなのだろう? 正直、嫌な気分になりました。
このとき当方に欠けていたのが、ここでいう「相対的視点」だったと思います。なので、今この評論を読んで、すごく救われた気分になっています。きっと同じ思いの方も多いのでしょう。もうすでに入っている★の数々がそれを証明しているようにも思えますが、いかがでしょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あしゅら男色さんの他のおすすめレビュー 82