規約違反!……から始まるカクヨム生活

作者 安田りせ

127

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 作者の人はあるトラブルが元でカクヨムにやって来たと言う経歴をお持ちで、そのサイトと違いなどからカクヨムの印象を語っています。これがね、私のようなカクヨム大好きっ子から見ると嬉しい言葉ばかりが並んでいるんですよ。

 このエッセイを読めば、カクヨムってそう言うサイトだったよねって再認識出来ると思います。読みやすいエッセイなので良かったら是非読んでみてくださいね。

★★★ Excellent!!!

実は私も作者が退会したサイトに小説を投稿しております。

気持ちは痛いほどわかるし、実際同じ様なことがありました。
現在はカクヨムメインでやっていますが、もう自分の姿を鏡で見ているようです。

カクヨム初心者の方だけでなく、初心者から少し成長した方もぜひ読んでみてください。

出来れば運営さんも読んでね。初心者の戸惑い・喜びが詰まった作品です。

★★★ Excellent!!!

いやはや、僕も若気の至りで同じことやらかした人なので凄く共感しました。
まあ僕は作者様の体験談で言うと3話目ぐらいのとこにいるんですが。

そして。
あの。
「警告」の恐怖。
からの処分通告。
ま、僕は退会どころか前触れのない強制除名だったんですが。

それは良いとして、一番言いたいのは「作者様、投稿サイトの特色等を調べて書いて下さってありがとうございます」と言うことです。

あれ、なんか見返したら酷いコメントだな。
お目汚し失礼致しました。

★★★ Excellent!!!

「規約違反⁉」という衝撃的な展開から始まるエッセイなのですが、あくまでそれは、「つかみ」でしかありません。

中身は、カクヨム生活を始められた作者様の発見や驚き、前サイトとの違いなどについての素直なお気持ちを綴られたエッセイなのです。

「そうそう、私もそう思っていました!」とか、「え? 私も長くカクヨムライフしていたけど、これは知らなかった……」とか、初心者さんが読まれても、カクヨムで活動されて長い方が読まれても、興味深い内容が盛り沢山だと思います。

興味を持たれた方は、ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

新たにカクヨムで執筆をはじめられた方の、素直で新鮮な視点のエッセイ。カクヨムの様々な機能が著者観点で、簡潔に読みやすい文体で書かれている。「カク」人にも、「ヨム」人にも、あらためてカクヨムのことが理解できます。
特に、「カク」初心者の方は、是非ご一読を!

★★ Very Good!!

見出しの通りです。通読してまず感じたのがここでした。
以前使っておられた別のサイトとの機能や性質の比較にはじまり、ひいては作者様自身と他利用者との比較にいたるまで、全編を相対的な視点でもってつづった、非常に静謐なイメージの評論になっています。

今の世の中、「相対的」というとあまりいいイメージがないかもしれません。
マスメディアの影響もあり、「〇〇はこうだったのに、××はこうだ」のような、そういう皮肉として利用する論調が目立つからです。
しかし本作品における相対的視点は、決してそういう意味合いに落とし込むための手段ではありません。すべて、書き手であり読み手でもある作者様自身のこととして受け止めてゆく、そんな真摯さと誠実さのあらわれに結び付いています。簡単に言うと、読んでいて非常に「幸せ」を感じる――。

いまや小説投稿サイトは数多くあります。ですが、それぞれに規約や特色としての機能があり、何かを発表しようと思ったら、必ず「どこかには所属」しなければなりません(個人サイトでの発表なら話は別ですが…)。おまけに各サイトごとに所属しているユーザーの質もまったく違う…。その上で、じゃあどこで楽しもうか――よくかんがえてみれば、とても難しい選択だと言えましょう。
そういう背景のなか、ここ「カクヨム」を活躍の舞台に選び、そこを最大限楽しもうという書き手の姿勢に、前述した「幸せ」を感じるのです。

私事ですが、当方も先日ちょっと首をかしげるような出来事に遭遇しました。
う~ん、こういうユーザーはどうなんだろう? こういう空気が蔓延しているのはどうなのだろう? 正直、嫌な気分になりました。
このとき当方に欠けていたのが、ここでいう「相対的視点」だったと思います。なので、今この評論を読んで、すごく救われた気分になっています。きっと同じ思いの方も多いのでしょう。もうすでに入っている★の数々が… 続きを読む

★★ Very Good!!

とある出来事から、本格的にカクヨム参入を考え始めた作者様のエッセイです。

タイトルから、何やら刺激的な内容なのかな? と思いましたが、そんなことはありません。まだ三話ですが、素直な心の内が綴られ、好感の持てる文章と内容です。思わず応援したくなり、レビューを書かせて頂きました。

この先、作者様に楽しいカクヨム生活が待っていますように。

★★★ Excellent!!!

まずタイトルで「なに?どーしたの?」となるこの作品。
他サイトで「規約違反です!」と、かなり高圧てきに言われて、怖くなった作者さん。
読ませていただくと、確かに萎えるかもしれない。(規約違反した内容も気になりますが)
さてさて、作者の安田りせさんのカクヨム生活始まるや否や。