小説『IDOLIZE』の文章表現への批判と作者からの反駁

作者 板野かも