兄殺しのエヴァラルド

作者 淡 湊世花

23

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

チェイスとエヴァラルドの掛け合いと、精霊界からの脱出劇。
爽快です。手に汗握る大冒険。息もつかせぬテンポの良さ。
チェイスがいなくなってしまったのは、寂しいです。
出て来たばっかりのキャラクターの退場が、こんなにも寂しく感じるなんて。できれば、もっとずっといて欲しかった。
魔界ではなく精霊界というのが斬新な発想ですね。
これからも楽しみにしております。

★★★ Excellent!!!

読めばお分かりになられると思いますが、昨今急激に作家志願者が増えてインターネットでは玉石混交の小説があふれています。

この兄殺しのエヴァラルドは読みやすい文章であるにも関わらず、王道ファンタジーの世界観が違和感なくスラスラと読み進んでいけるもので、その理由は魅力溢れる登場人物の所作や感情を想像力を刺激させ、まるで映画のワンシーンのようにタン、タン、タンと小気味よく読むことができます。

これは簡単なようであって、本当に難しいことだと思いませんでしょうか。若い頃からライトノベルや重厚なゲームシナリオに触れてきましたが、プロと比べても遜色のない見事な技だと私は思います。少なくとも、私が真似しようとしてもできないレベル(これが誉め言葉になっているかは微妙ですが)で、舌を巻きます。

これほど少ない説明でキャラクターを自在に操り、先が気になる小説は久しぶりに見るもので、一話分を読み終えるとすぐに続きが気になってしまいます。

作者の作り上げた見事な世界観と登場人物の魅力、私は自信をもっておすすめします。

★★★ Excellent!!!

とにかく続きが気になります。

半人と半霊という切っても切れない設定。
魔力を取り戻すために半霊の兄を殺さないといけないという半人の宿命。
未だ手がかりも何もない状態で、どのように兄に近づいていくのか。
続きがとても気になります。

また、エヴァ(半人)の荒々しい性格と、一緒に旅をするコン(人間)の穏やかながら結構大胆に行動する性格は、今後も色んなことを巻き起こしてストーリーを展開していくのでしょう。
ストーリーの展開も気になりますが、この二人がどのように絆を深めていくか、というのも注目のポイントではないでしょうか。

ああ、早く続きが読みたいと思うと同時に、作者様にはこの作品をゆっくり育てて頂きたいという気持ちも……。

とにかく、皆さまも是々非々一度ご拝読為されば私の気持ちも分かるのではないでしょうか。