第125話 関わるな

 鋼糸が月明かりに照らされて光る。


 その僅かな光を頼りに、664番は絡み付く糸を回避した。


 速さ、という意味ではそれほど厄介ではない。しかし問題は目視の難しさと、予測不能な動き、そしてその数だ。


 ジョン・スミスの両手の指は十本、しかし彼はその数倍の鋼糸を操っていた。


 それが四方から襲い来る。


 その角度とタイミングが何より憎らしい。


 664番の動きを予測し、その逃げ道を塞ぐように置いてある。そして、さらに回避する方向を限定し、664番の動きを誘導する。


 結果――近づけない。


 刀より糸の方がリーチが長い。彼女たちは近づかなければ攻撃できない。


 にもかかわらず、彼女たちは戦いが始まって、一歩たりとも距離を詰めれていなかった。


 いや、むしろ遠ざかっている。


 その男はたった数秒で、完全に、この場を支配していた。


 彼はその場から一歩も動かない。 


 ただ十本の指で鋼糸を操るだけで、三人の少女たちは逃げ惑う。


 彼女たちはまるで、彼の意図に操られる三体の操り人形のようだった。


「みんな、退いて」


 664番の指示に、二人はすぐ反応し糸の間合いの外に出た。


 ジョン・スミスの間合いの中にいる限り、こちらが消耗するだけだ。


 しかし、攻め手がないことに変わりはない。


 三人は互いに顔を見合わせて、首を横に振った。


 この男は――強い。


 鋼糸という見慣れない武器への戸惑いもあるが、それを考慮に入れても彼の場を支配する力はずば抜けている。


 数十本の糸を正確に操作し、彼女たちの動きを予測し、誘導する。それは、並大抵の実力ではできないことだ。


 664番は自分より強い人間を何人も知っている。


 この場にいる666番もそうだし、ナンバーズと呼ばれる組織の幹部、そして七陰という圧倒的な力を持つ最高幹部たち。いずれも彼女よりはるかに強い力を持っている。


 しかし、このジョン・スミスは彼女の知る強者とは質が違った。


 彼の強さは魔力でも筋力でも速さでもなく、そしてそれを操る技術でもない。


 いや、確かに鋼糸を操る技術は高い。しかし彼の強さの本質はそこではないのだ。


 ジョン・スミスの強さは――場の支配力にある。


 664番は分隊長として二人に指示を出す立場だから分かる。戦いの全体を俯瞰することで、流れを深く理解し先を予測しなければできない芸当だ。


 つまりジョン・スミスは戦闘に関する極めて高い思考力を有しているのだ。


「どうした……来ないのか?」


 ジョン・スミスは一歩も動かない。ただその場で、仮面の奥から彼女たち三人を見下ろしている。


 そこにあるのは余裕。


 何が起きても対処する自信があるのだ。


 夜の空に展開された糸は、彼女たちの攻め手を完全に断っている。


 下手に動けば、絡めとられる。


 撤退も、視野に入れるべきだ。


 666番は反対するだろうが、抑え込むしかない。


 彼女がそう考えた、次の瞬間。


「来ないなら、こちらからいかせてもらおうか――」


「え……!?」


 ジョン・スミスが僅かに指を動かした。


 それと同時に、664番は自分の首に巻き付く細い糸に気づいた。


 そんな――いつの間にッ!?


 しかもここは間合いの外のはず。


「糸の長さが同じだと誰が言った? 当然、太さも違う……」


「そんな――!」


 首に巻きつく糸をよく見れば、それは極めて細く見づらかった。


 664番が今まで見ていた糸は、ジョン・スミスが彼女たちに見せていた糸だったのだ。


「まさか最初から……」


「そう――最初から、だ……」


 664番は完全に操られていたのだ。


 彼女の顔が屈辱に歪み、そして糸が首を締め上げる。


 高濃度に圧縮された魔力が糸に通っている。彼が少し力を加えれば、その糸は容易く首を断ち切るだろう。


「殺すならさっさと殺しなさい。何も話す気はない」


 彼女はジョン・スミスを睨みつけた。


 665番も666番も拘束されている。その時の覚悟はもう、できている。


 首の糸に力が加わった。


 その瞬間、666番が動いた。


 彼女は前に出た。


 ただ単純に、ジョン・スミスが糸を引くより速く、前に出たのだ。


「ハァァァァァァァァァ!!」


 速く、ただひたすら速く――。


 彼女はジョン・スミスに突貫する。


「正解だ……」


 しかし、彼の余裕は微塵も揺るがなかった。


 彼はただ、右手の指を軽く引いた。


「だが、仕掛けた糸が首だけだと誰が言った?」


 突然、666番が転倒した。


 彼女は転倒し、そのまま不自然な動きで宙に浮かび、そのまま吊り上げられた。


 そう、彼女の四肢には、既に無数の糸が巻き付いていたのだ。


 そして、それは当然、残りの二人も同じだ。


「くッ……! 殺せ――!」


 完全に動きを封じられ、664番は呻いた。


 だが、彼はただ締め上げるだけで殺さなかった。


「貴様らを殺す意味は無い。末端を殺しても次が来る、それだけだ。これは、忠告だ」


 そして無機質に告げた。


「関わるな――」


 たった一言、そう言って彼は彼女たちを解放した。


「ゲホッ、ゲホッ」


 咳込みながらも、ジョン・スミスを睨む666番。


 664番は即座に飛び掛かった。


 そして666番を抑え込む。


「もう止めなさい! 退くわよ」


「――ッ!」


 666番は悔しそうに俯いた。


「ジョン・スミス……必ずガンマ様に知らせなくては」


 彼がいる限り、偽札の出所は判明しない。そして彼ほどの実力者がいるということは、そこには強大な組織が存在する。


 664番は去り行くジョン・スミスを見据えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます