第78話 寸止めあるある

 試合の時間が近づいた僕は、トイレに行くと言って抜け出して選手控室へと急ぐ。姉さんは1回戦無事勝ったみたいだ。もしかするといいところまで勝ち進むかもしれないな。


 そんなことを考えながら廊下を歩いていると、前から来た灰色のローブの人とすれ違った。


 その瞬間、僕は足を止めた。


 少し遅れて、相手も足を止めた。


 そして、振り返ったのは同時だった。


 灰色のローブ隙間から青い瞳が、僕を見据えていた。


「エルフの匂いがする」


 ハスキーな女性の声だ。


 色褪せた灰色のローブはところどころほつれている。


 僕は何も言わずに続く言葉を待った。


「エルフの知り合いがいる?」


 青い瞳は探るように僕の瞳を覗き込む。


「エルフの友達が何人かいるよ」


 特に隠す必要もなかったし、そのまま言った。


「私はエルフを探している」


「そうなんだ」


「かわいい子だった」


「へー」


「心当たりはないか?」


「そう言われましても」


「私とよく似ているはずだ」


「そっか」


「妹の忘れ形見だ」


「へー」


「私とよく似たエルフに心当たりはないか?」


「あの」


「心当たりあるか?」


「ローブで顔が見えないんだけど」


「そうだった」


 彼女は顔のローブをとってその素顔を曝した。


 僕は何も反応しなかった。


 意識して何も反応しないようにした。


 彼女の顔は、アルファによく似ていた。


「ちょっと心当たり無いかな」


「本当?」


「うん」


 今度アルファに会ったら確認したほうがいいかもな。うり二つとまではいかないけれど、親族と言われれば納得するぐらいよく似ている。


「そうか」


 彼女は残念そうに肩をすくめて、自然な動作で剣を抜いた。


 殺気も、予備動作すらない、必殺の一撃。


 僕は視界の端でそれを見て、受け入れた。


 分かってる、寸止めでしょ。


 結果、彼女の剣は僕の首に触れて止まった。


 ただ触れているだけ。皮一枚も斬っていない。


 そしてこの絶妙なタイミングで。


「うわッ!?」


 腰が抜けたふりをして座り込む僕。


 うん、及第点かな。


「む?」


 彼女は首を傾げて剣を引いた。


「間違えた、ごめん」


 そしてペコリと頭を下げる。


「もっと強いと思った。君の名は?」


 手を差し出して、彼女は言う。


「シ、シド・カゲノーです……」


 僕は震える声で言って、その手を取って立ち上がる。


「私はベアトリクス」


 ベアトリクスは僕の手を握ったまま離さない。


「あの……?」


「いい手だ。君は強くなる」


 そして綺麗な微笑みを見せた。その微笑みはアルファにとてもよく似ていた。


「驚かせてごめん」


 最後にもう一度謝って、ベアトリクスは背を向けて立ち去る。


 僕は遠ざかる背中を眺めて、


「……けっこう強いかな」


 呟き、踵を返した。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




 アイリスは特別席で試合が始まるのを待っていた。


 特別席からは会場が一望でき、専用の階段から直接試合場へ降りることもできる。


 試合場には既に2人の魔剣士が呼ばれていた。


 一人はアイリスも注目しているアンネローゼ。水色の髪の女剣士。


 もう一人は初めて見る黒髪の剣士ジミナ・セーネン。


 アイリスは目を鋭くして二人を眺めていた。


「ちょうど始まりますね」


 アイリスの隣に男性が座った。


 そこは、シドの席だ。


「その席は……」


「何か?」


 アイリスは男の顔を見て言葉を止めた。ごめんなさい、とシドに心の中で謝罪する。


「ドエム殿……」


「アイリス様、ご機嫌麗しゅう」


 優雅に微笑むドエムだったが、しかしその目は笑っているように見えなかった。


「アイリス様と観戦できるとは夢のようですな」


「お戯れを。ドエム殿には婚約者がおられるではないですか」


「あいにく逃げられてしまいまして。なに、心配いりません。ただの痴話喧嘩ですよ」


 軽快に笑うドエムだった。


 三十前後の割と端正な顔立ちをしているが、アイリスはドエムの笑顔が好きになれない。


「オリアナ国王のお加減は優れませんか?」


「残念ですが今日も欠席されるようで。ですが明日は必ず出席すると言われていましたよ」


 アイリスの問いにドエムはそつなく答える。


「明日からはちょうどミドガル王も出席されます」


「それは、奇遇ですな」


 アイリスはドエムの目から何かを探ろうとするが、その笑わない目からは何も読み取れなかった。


「彼女が噂のアンネローゼですか」


 会場を見てドエムが言った。


「ええ」


「今最も勢いに乗っている剣士ですな。ベガルタを出て修行の旅の途中らしいですが、ぜひ我が国にお招きしたいところだ」


「そうですね。彼女ほどの剣士であれば、ぜひミドガル王国にもお招きしたい」


「はは。ミドガル王国には優れた魔剣士がたくさんいるではありませんか。それに比べて我が国は……」


「そのための同盟です」


「ですがミドガル王国に頼りきりというのも心苦しい」


「そうですか……」


 疲れる。アイリスは心の中で溜息を吐いた。


 まるで人形とでも話しているような気分だ。


「対戦相手のジミナはどうですか?」


「彼の試合を見るのは今日が初めてですが。あまり良い噂は聞きませんし、強そうにも見えません」


「ではアンネローゼの勝ちで決まりですね」


「いえ……彼は少し、不気味です」


 アイリスは曖昧な口調だった。


「不気味ですか?」


「はい。彼は決して強そうに見えない。ですが、弱者では在り得ない特徴があるのです」


「ほう……それは?」


「絶対の自信です。私の目には……彼は勝利を確信しているように見える」


「ただの自惚れでは?」


「かもしれません。ですが彼の目に迷いがない。揺ぎない勝利が……少なくとも彼には見えているのです」


「なるほど、少なくとも彼には見えている、か。ならばアイリス様には見えますか?」


「いえ。ドエム殿は?」


「私ですか? 私は剣のことはさっぱり」


「そうですか」


 とぼけるドエムの鍛えられた手を、アイリスは一瞥する。


「さすがにアイリス様にはごまかせませんか。オリアナ王国では、剣は蔑まれていますのでお許しください。正直に申し上げますと、それなりに使えますよ」


「それなり、ですか」


「ええ、それなり」


 ドエムは目だけが笑わない笑みを浮かべた。


「さて、絶対の自信とやらがどれほどのものなのか……見せてもらいましょうか」


 そして、会場を見下ろす。


「アンネローゼ対ジミナ・セーネン!!」


 両者の名が呼ばれ。


「試合開始!!」


 始まった。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます