第67話 常勝金龍の勝利の方程式

 週が明けて、武神祭の予選が始まった。


 僕はヒョロと一緒に闘技場の観客席で試合を眺める。まだ日は高く、客もまばらだ。まあ、予選はこんなものだ。というかこれでもマシな方だ。


 実は昨日、僕は2試合戦っている。闘技場ではなく、その辺の草原で。うん、予選の1回戦と2回戦は王都の外の草原で行われるのだ。観客はいない。対戦相手の質もひどい。僕は2戦とも適当ラリアットで失神させて勝ち抜いた。空しかった。


 そして3回戦からようやく闘技場だ。ここまでくると試合の質もギリ許せるレベルにはなっている。客は少ないがいるだけマシだと思おう。武神祭の本番は本戦からなのだ。


「そういえばジャガは?」


 僕はなにやらメモを取っているヒョロに聞いた。


「実家で畑耕してるってよ」


「なるほど」


 ヒョロは試合を見ながら熱心にメモを取る。彼の首には聖剣のネックレス。僕が聖地で買ったおみやげだ。使ってくれてうれしい気持ちはある。しかしそれ以上に、そのセンスはどうなんだろうと思った。


「何やってんの」


「バトルデータを集めているのさ。素人は勘で賭けに参加するが、俺は違う。データを集計し、統計を取り、確率を基にベットする」


「ふーん」


 僕はヒョロのメモを盗み見た。


『たぶん強い』『たぶん弱い』『わかんない』と書かれていた。


「賭けっていうのはさ、トータルで勝つものだ」


 ヒョロがメモを取りながら得意げに言う。


「そうなんだ」


「素人は1試合で勝った負けたのギャンブルをする。だが俺は違う。1試合の勝敗には執着しない。試行回数を増やし、確率を収束させ、10試合単位で勝つのさ」


「ほーん」


「なぜなら俺は、トータルで勝つ男だから……」


「すごいね」


 僕は欠伸した。


「その話、興味深いな」


 その時、僕の背後から一人の青年が現れた。


「興味深い話とかありました?」


「あったとも」


 僕の問いに、金髪キラキラの華やかイケメンがニッコリ答えた。


「あ、あなたは……!」


「知っているのヒョロ?」


「不敗神話のゴルドー・キンメッキさんですか!?」


 ヒョロのキラキラとした眼差しに、ゴルドーさんは髪をかき上げて答えた。


「その二つ名は恥ずかしいな。常勝金龍ゴルドー・キンメッキと呼んでくれないか?」


「は、はい! 常勝金龍ゴルドーさん!」


 僕は不敗神話の方が好きかな。


「君はバトルデータを集計しているのかい?」


「はい!」


「見込み、あり。オレもバトルデータの集計は欠かさないんだ」


「そ、そうなんですか!?」


「ああ。常に勝つために……ね」


「かっけー! お話聞かせてもらってもいいですか?」


「やれやれ、少しだけだぞ」


 かなり長くなりそうな気がした。


 僕の出番もそろそろ近づいてきたしちょうどいい時間だ。


「うんこ行ってくる」


「さっさと行ってこい」


 僕はトイレで変装して選手控室へ向かった。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 ヒョロは常勝金龍ゴルドー・キンメッキの常勝理論を熱心に聞いていた。


「例えば、だ。次の試合を例にあげよう」


「はい!」


 闘技場ではちょうど次に戦う選手が呼ばれていた。


「3回戦第12試合! ゴンザレス対ジミナ・セーネン!」


 2人の魔剣士が向かい合う。


「オレの理論では大体の実力は戦う前に分かる。まずはゴンザレス。フィジカルの強さは彼のマッスルバランスを見れば解析できる。眼光と不遜な表情から歴戦の猛者だとオーラが伝えてくる。ざっと見て、彼のバトルパワーは1364だな」


「バ、バトルパワー!? なんですかそれ!」


「集計したバトルデータを解析し戦闘力を数値化したものだ。バトルパワー1364は悪くない数字さ」


「すげー!」


「対するジミナ・セーネンは……ふむ」


 常勝金龍ゴルドー・キンメッキは鋭い眼光でジミナを睨み、黙り込んだ。


「ど、どうしたんですか?」


「いや……あまりにも。しかし……これは……」


「ゴ、ゴルドー先生?」


「ああ、すまない。オレとしたことが」


「まさか、あのジミナはそれほどの……!?」


「ああ、あの男……ジミナ・セーネンは……凄まじい雑魚だ!」


 常勝金龍ゴルドー・キンメッキはブフッと吹き出すように笑った。


「え……? 雑魚?」


「そうさ! どうやって3回戦まで勝ち残れたかわからない! 奇跡でも起きたのかな?」


「た、確かに弱そうですが……」


「弱そうな顔、弱そうな身体、そして弱そうなオーラ! ジミナのバトルパワーは33だ! ハハッ魔剣士としては最低ラインだね」


「では、ゴンザレスの勝ちですか?」


「ああ、瞬殺だろうね。この試合に見るべきところはないよ」


 そして試合が始まった。


 最初に動いたのはゴンザレスだ。


 筋肉質な巨体に似合わない俊敏さで間合いを詰め、ジミナに斬りかかる。


 その動きは3回戦では群を抜いていた。ゴルドーが歴戦の猛者だと評したのも、間違いではなさそうだ。


 ゴンザレスの斬撃に、ジミナは反応すらできない。


 誰もがジミナの敗北を確信した。


 しかし、次の瞬間。


 ゴンザレスがコケた。


 ジミナの直前で躓いて転んだのだ。


 そしてそのまま地面で頭を打ち失神した。


 会場が静まり返った。いや、さすがに立ち上がるでしょ、と誰もが思った。


 だがゴンザレスはピクリとも動かなかった。


 ジミナが剣を納め踵を返し、ようやく審判が反応する。


「しょ、勝者ジミナ・セーネン!」


「ふ……ふざけんなー!!」


「金返せバカヤロー!!」


 失神したゴンザレスにブーイングが降り注ぐ。


 ヒョロは反応に困って常勝金龍ゴルドー・キンメッキの顔を見た。


「ま、まあこういうこともある」


 少し頬を引きつらせて常勝金龍ゴルドー・キンメッキは言った。


「バトルデータで勝敗は予想できる。しかし勝負に絶対はない。勉強になったかい?」


「ま、まさか先生はこの結果も予測して……?」


「フッ……」


 常勝金龍ゴルドー・キンメッキは微笑み多くを語らない。


「いいことを教えてあげよう」


「え……?」


「賭けに勝つ方法は2つある。一つは強者を探し、強者に賭けること。もう一つは弱者を探し、その対戦相手に賭けること」


 常勝金龍ゴルドー・キンメッキは立ち上がり背を向ける。


「明日の4回戦、第6試合は常勝金龍ゴルドー・キンメッキ対ジミナ・セーネンだ」


「なッ……つまり!」


 常勝金龍ゴルドー・キンメッキは振り返ってヒョロを指差す。


「キミにも……勝利の方程式が解けたかな?」


 そして、キラキラの金髪をかき上げて立ち去った。


「か、かっけー……」


 ヒョロ呆然と常勝金龍ゴルドー・キンメッキを見送った。


「うんこしてきた」


 黒髪の少年が席に戻った。


「おいシド! 明日絶対に勝てる試合があるからよ、全力で賭けようぜ!」


「え、やだよ」


「いいから、騙されたと思って!」


「やだ」


「チッ、いいよ。後で後悔しても知らねーからな!」


 そして2人はしばらく観戦して寮に戻った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます