第18話 舞台の下から眺めてろ

 いったい何が起きているというの。


 アイリスは赤い髪をなびかせながら深夜の王都を疾走する。


 建物が斬れた、と。最初の報告は耳を疑うものだった。しかし半信半疑で現場へと向かうアイリスの下に、次々と続報が届く。


 王都で大規模な同時襲撃事件が起きている。


 その結論へとたどり着くのに時間はかからなかった。だが襲撃先に統一性がまるでない。商会、倉庫、飲食店、貴族の私邸……。計画性のある犯行でまず間違いないだろうが、その目的が見えてこない。


 しかし事実として、王都は揺れていた。


 騎士団には緊急出動がかかり、要人の避難もはじまっている。市民は深夜にもかかわらず窓から様子を窺い、野次馬に向かう者も少なくない。


 アイリスは出歩く市民に家に戻るよう叫びながら、現場へと急ぐ。


 何かが起きている。


 間違いなくこれは、普通の事件ではない。


 アイリスの直感がそう告げていた。


 と、その時。


 アイリスの耳に悲鳴が届いた。


「ば、化物だッ!! 応援を……!!」


 騎士団の声だ。そう遠くない。


 アイリスは方向転換し、悲鳴の下へと駆けつける。


 角を曲がり、路地裏を進み、大通りに出るとそこに化物がいた。


 醜悪な巨体の化物だ。


 それは肥大した血塗れの右爪を振り回し、騎士達を肉塊に変える。


「何よこれ」


 呟きながらも、アイリスは動いていた。


「離れなさいッ!」


 流れるような抜刀、そして闇夜に白刃が煌めき、化物の胴を通り抜けた。


 両断。


 化け物の巨体をたった一太刀で両断した。


「怪我はない?」


 アイリスは倒れゆく化物を後目に、騎士団へと声をかける。


「アイリス様だ、助かった……!」


「流石アイリス様だ! あの化物が一太刀だ!」


 彼らの身体は無傷だった。ここにいる生きている騎士は皆、ほぼ無傷だった。 


 そう、生きている騎士は。


「8人殺られました」


 死者はいずれも一撃。


 その凄惨な遺体に、ワインレッドの瞳が悲しみで揺れた。


「あなたたちは遺体を回収し下がりなさい。隊長に報告を……」


「アイリス様ッ!」


 突然、騎士の1人が叫んだ。


 アイリスの後ろを指差しながら、他の者達も声にならない叫びを上げた。


「何ッ……!」


 アイリスは後方に振り返りながら、咄嗟に剣を振る。


 アイリスの剣と、化物の右腕が衝突した。


「くッ……!」


 アイリスは一瞬力負けしそうになりながら、即座に膨大な魔力を解放し、その豪腕を見事に受け止めた。


 そしてそのまま化物の懐へと潜り込むと、今度はその脚を切り裂き、化物の反撃を先読みして間合いを外す。


 直後、化物の右腕がアイリスのいた空間を凪払い、彼女の長い赤髪を数本巻き込んだ。


「再生している……?」


 彼女が先程両断した傷は既に無く、たった今つけた脚の傷も再生をはじめていた。


「バカな……アイリス様に両断されて再生するなどと……」


「嘘だろ……」


「下がりなさい」


 動揺する騎士達にアイリスは声をかけ、化物の追撃を受け止めた。


 その一撃は、速さもある、力もある、重さもある。


 だが単調。


「所詮は化物」


 アイリスの反撃は容赦が無かった。


 腕を切り刻み、脚を落とし、首を飛ばす。


 再生できるならやってみろと、そう言わんばかりの連撃を浴びせた。


 反撃など許さない。ただ一方的に切り刻んだ。


 しかし、それでも。


「まだ再生するというの」


 化物は生きていた。


 アイリスの連撃が一瞬止まった隙に体勢を立て直し、右腕を振り回してアイリスを追い払った。


 そして。


 夜空に甲高い咆哮を放った。


 それに応えるかのように、月の隠れた空から雨が降り出す。


 最初はポツリ、ポツリと。次第に勢いを増し、化物の血に当たると白い煙を上げていく。


「少し時間がかかりそうね……」


 アイリスは早期決着を諦めて、腰を据えて戦う道を選んだ。


 負けるとは思わない。未だかつて、アイリスは自身が負けると思ったことは一度もない。


 が、相応に時間はかかるだろう。


 アイリスは剣を構え、再生を終えた化物へ疾走する。


 直後。


 甲高い音と共にアイリスの剣が弾かれる。


 凄まじい衝撃に、アイリスの腕が痺れた。


 遠く、後方へ、回りながら飛んでいく愛剣を後目に、アイリスは突然の乱入者を睨む。


 乱入者もまたアイリスを一瞥する。


 両者の視線がぶつかり、先に沈黙を破ったのは乱入者だった。


「それが、苦しめるだけだと何故わからない」


 それは漆黒のボディスーツを身に纏った女だった。顔は隠れて見えないが、声はまだ若い。


「何者だ」


 アイリスは油断なく、漆黒の女性と化物の両方を視界に入れながら問う。


「アルファ」


 女性は一言そう言って、もう興味は失せたとばかりにアイリスに背を向けた。


「待て、いったい何のつもりだ。騎士団に敵対するのであれば容赦は……」


「敵対……?」


 アルファはアイリスの言葉を遮って、背中を向けたまま笑った。


 クツクツと、嘲るように。


「何がおかしい」


「敵対……これほど滑稽な言葉があるかしら。何も知らない愚者が敵対などとおこがましい」


「何だと……!」


 アイリスの魔力が膨れ上がった。その莫大な魔力は波となって広がり、雨をかき消し風を起こした。


 だが、そんなアイリスに、アルファは一瞥すらしなかった。変わらず背中を向けたまま、


「観客は観客らしく舞台を眺めていればいい。我々の邪魔をするな」


 ただそう言い残して、化け物へと歩く。


 その後ろ姿には気負いも何もなく、もうアイリスの事など眼中に無かった。


「観客だと……」


 アイリスはその後ろ姿を、未だに痺れる掌を握り締め睨む。


「かわいそうに。痛かったでしょう」


 アルファはただ歩きながら、化物へと語りかけた。


「もう苦しむことはない。悲しむこともない」


 漆黒の刀が伸びた。アルファの背丈を超えるほど、長く。


「だから、もう泣かないで」


 そして、ただ自然に一歩踏み込み化物の身体を両断した。


 誰も、反応できなかった。


 アイリスも、化物も、反応すら出来ずに斬られるのを見ていた。


 あまりに自然だった。殺気も何もなく、ただ斬られるのが当然の結果としてそこにあった。


 化物の巨体が倒れた。それは白い煙を上げながら萎んでゆき、少女ほどの大きさにまで小さくなった。そして、その左腕から短剣がこぼれ落ちる。


 それは赤い宝石の入った短剣。


『最愛の娘ミリアへ』


 柄にはそう刻まれていた。


「願わくば……来世では安らかな生を」


 アルファはそう言って、白い煙の中へと消えた。


 遠くの方で雷の音がした。


 アイリスは呆然と立ち尽くしていた。降り注ぐ雨が髪を伝い顔を流れていく。


 身体が震えていた。


 この震えの意味を、アイリスは知らなかった。


「アレクシア……」


 アイリスは呟いた。この騒動の中心に、妹がいる。そんな予感がアイリスを動かした。


「アレクシア、無事でいて……」


 アイリスは剣を拾って走り出す。


 雨は強く降り続いていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます