電子の妖精との対話における一考

作者 三日月 理音

心を揺さぶられる短編!

  • ★★★ Excellent!!!


SFを語る上で読んでおくべき作品として、ケン・リュウの「紙の動物園」という短編がある。私も読んで衝撃を受けた一人だ。振り返って、この作品「電子の妖精――」を読んだときも同じような衝撃を受けた。

筆者の語り口は分かりやすく、優しい。SFっぽくない(と言ったら失礼か)文体ながら、なぜか心を揺さぶられる。原作からは想像もつかない拡がりをみせるバロット像に、唸らされてしまった。

二次創作としてだけではなく、SFの良作として楽しめる作品だと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

おあしすさんの他のおすすめレビュー 10