トンネル

作者 冬月あおい

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「トンネル」が舞台の五つの短編、どれもとにかく怖かったです(私自身がホラーが苦手というのもありますが)。特に最後の高架下のトンネル(電車の描写があったのでそう判断しました、違ったらすみません)は登場人物の年齢くらいの頃に本当に怖かった思い出があります。
トンネルは心霊スポットの定番ですが、場所を変え、状況を変え、人を変えてここまで日常と隣接した「恐怖」を描き出せる技量に感嘆としました。

★★★ Excellent!!!

表現力が素晴らしいです。

一般的なホラーだと、終盤にかけて怖いと思わせる一番の見せ所、所謂「オチ」を見せるのが一般的だが、この作品は、様々な余韻や、日常をラストシーンで持ってきているような、敢えての「いつも通りの日常」を変化として持ってきている印象でした。

無論、怖いのはもちろんですが「トンネル」という一つのテーマで様々なトンネルホラーを見れるので、作者様のトンネルに対しての想像力が豊富なことが伺えます!

短編として楽しめるホラー作品!
是非ともご覧下さい!

★★★ Excellent!!!

舞台はとあるトンネルたち。

小さなトンネルや海辺のトンネル。それから曰く付きの心霊スポットのトンネルも。

山を切り抜き、自然の神の怒りに触れることも多いトンネルは、ホラーや怪奇話のタネにはもってこいですよね。

ですが、よくあるお化け話ではありません。
日常に潜み溶け込む恐怖が主題的になっている気がして、トンネルを普段使わない私でも、夜道やふとした瞬間が怖くなってしまいます。

私たちの生活の中に、ポツリと佇むトンネル。彼らはただ口を大きく開けて、誰かが迷いこむのを待っているのかもしれませんね。

★★★ Excellent!!!

どちらもトンネルにまつわるホラー短編です。どちらの作品にも共通しているのが、直接的な幽霊の描写がほとんどないにも関わらず、読んでいる途中で、思わず自分の背後を振り返ってしまいそうになる、ぞっとする怖さがあります。

このトンネルシリーズはもっと続けて欲しいです!