ミケランジェロの憂鬱

作者 竹神チエ

42

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

嫌々だったんですねー。
そんな障害が一度は邪魔立てしたんですねー。
火山灰を混ぜたセメントは耐久年数の甚く長いコンクリートになると聞いてますが、漆喰の場合はそうなるんですね。勉強になりました。
金に余裕が出来て、イタリア旅行する事になったら、訪ねてみたいです。確か数年前だったか、割と最近にクリーニングしたとテレビで見た記憶があります。
短編にはMAX2つが信条なんですが、星3つ付けました。

★★★ Excellent!!!

ミケランジェロ先生はいかにして『天地創造』を作り上げたのか。
その経緯がわかりやすく書かれています。

竹神先生のシンプルな文体が、その素朴さゆえに水みたいにすっと体に入ってきて、文字を読んでいるのに、テレビでひとつのドラマを見ているような気分にさせられました。

それにしてもこの風景、どこかで見たことがあると思ったら、あのラングトン教授が活躍する『天使と悪魔』に登場していたのですね!

ぜひ、他の偉人のドラマも拝読させてください!

★★★ Excellent!!!

名高きミケランジェロの傑作『天地創造』。
実物を見たことはなくても、世界史ないしは美術の教科書で見て知っている、そういう方が多い有名なあの絵。

この絵を依頼したのはどのような人物か。
それをミケランジェロはどのような想いで受けて、どれだけの精力を注ぎ込んで製作したのか。

『史実』を洒脱な文章でつづられた一編。
読むのに五分もかかりませんが、その五分後にあなたは、トリビアと笑顔を手に入れる。
是非ご一読を。