楽園の果実

作者 蜜柑桜

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語の筋自体はいたってシンプル。
王女ラピスと従者クエルクスが楽園の果実を求めて旅をする。けれど、シンプルな筋であるがゆえに、彼らの周囲を取り巻く美しい世界を堪能することができます。

美味しそうな食べ物、流麗な筆致で描かれる風景描写などは、まるで実際に目の前で見ているかのよう。
特に『星読み』の章は必見です。

世界観に浸るためだけに、地の文を読みたくなってしまいます。この才能は本当に羨ましいし、書き手の方も勉強になると思います!

また、旅の合間に少しずつ明らかになっていくラピスとクエルクスの素の姿も、本作の魅力の一つ。

美しき旅路と共に、彼らの素朴で真っすぐな心理描写にも是非ご注目ください!

★★★ Excellent!!!


「……綺麗だ──」

私が初めてこの作品を読んだ時の感想です。これは、私にとっては衝撃でした。

何故この作品は綺麗なのか、何処がそう思わせているのか、それはこの作品には『無駄』がないからだと、私は考えます。

過不足無く綴られていくその文字列は、読み手への負担が少なく心地よく読み進められるのです。

是非お手に取って読んでいただきたい作品です。

特に、書き手としても活動しているユーザーの皆様にオススメしたい。きっと良い刺激になると思います。