女神絵巻

作者 きぐるみ女神Q

141

55人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は幼少期に不思議な力に目覚めた主人公がその力を開花させていき、やがてその出生や世界の秘密を知り、異世界に旅立つという物語です。
特徴的なのは全体的に優しい雰囲気に包まれており、児童文学としても申し分のない内容となっております。
また、作者名にもある「きぐるみ」も登場するので、ファンシーでゆるめな展開が好きな方には特にお薦めです。

★★★ Excellent!!!

でたでた、アンチチートの物語

アンチチートゆえに重く、女子ゆえにかわいく

世界観や、きゅいぐるみといったすべてがハートフルな時はハートフル

ハートフルボッコな時は、ハートフルボッコ

そしてーー「力」を得る代償それらがはっきりしていて
「何かを得ることは何かを失うこと」それが、わかりやすく伝わってくるのが最高に素晴らしいです

★★★ Excellent!!!

この物語は「世界観」が非常に魅力的です!
ゆったりとしながらも、徐々にファンタジーになっていき、優しくも笑えて、なんだか読み進めれば読み進めるほど、心が洗われるような、そんな感覚を思い出しました。

個人的には「地上界編」が好みです!
テンポもよく、次々と読み進めるのはもちろんの事、後に 終生の友となるフィリルが登場するシーンは「おおーっ」と、なりました。


ほのぼのとしたファンタジー要素が好みの方はかなりツボる作品になっていますので、ぜひご覧あれ!!

★★★ Excellent!!!

 語り掛ける様に綴られた、まるで絵本のような世界観。
 読み始めは不思議な感覚ですが、読み進めると嵌っていきます。
 ゆったりと流れるほのぼの感が独創的。
 ファンタ―要素もしっかりあって楽しめる。

 残酷描写無し、性描写無し、で描かれた優しい異世界

 老若男女を問わずお薦めできます。