あき

作者 早瀬翠風

ひとを愛する幸せを貫いた、強く美しい女の物語。

  • ★★★ Excellent!!!

廓。
誰かを愛する、ただそのことすらままならない、狭く過酷な檻。

その檻の中でもなお、ひとを愛することを手放さなかった主人公、あき。

側にいる人間に向け、深い愛情を注ぐ。
そんな自分の生き方を穏やかに選び取り、最後まで揺らぐことのなかった彼女は、きっと、誰よりも幸せだった。——たとえどんな運命に翻弄されたとしても。

読み終えて、不思議とそんな幸福感が残ります。

本作の参加している自主企画の厳しいルールを全く意識させない作者の筆力、表現力は見事です。


ままならない現実の中で、ひとを愛する幸せを貫いた、強く美しいひとりの女性の物語。
彼女の生きた世界に、有無を言わさず引き込んでいく。儚く美しいひと時を、ぜひお楽しみください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

aoiaoiさんの他のおすすめレビュー 638