マーガリンとキノコ雲

作者 人形使い

すべてのエピソードへの応援コメント

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    どんな思いで「私」が彼の母親に銃口を向けたのか、彼の母親は笑いながらどんな思いで「私」を見ていたのか……考えると、本当に切ないですね。


     「ありがとね、きっとあの子も救われるわ。

     それがお母様の最後の言葉だった。」
    この部分は特にじんと来ました。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます。断腸の思いとはまさにこのことでしょうね……。

    お母様の言葉は短いながらも余韻が残るよう工夫したつもりです。そこに感じ入っていただけたのなら大変嬉しいです( ^ω^ )

    2019年7月13日 20:19

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

     甘くもなく苦くもない、マーガリンの味は脂っこく舌に残って切ない感じ……。という気がします。バターやジャムのような物語はありませんね。

    作者からの返信

    お読みくださりありがとうございます!おっしゃる通り、なんとも形容しがたい後味が残ると思います……。

    2019年7月12日 17:41

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    切なすぎる問題

    作者からの返信

    切ないわな

    2019年5月28日 10:30 編集済

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    拝読しました。
    銃を向ける必要性が、薄い感じかしました。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます。
    ありゃりゃ、その点は盲点でした。貴重なご意見どうもです。

    2019年5月2日 22:08

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    街を一つ吹っ飛ばした極悪犯罪者ですよね、一般的には
    だけど憎めないし
    彼に生きていてほしいとさえ思ってしまう
    すべてをわかっていてお話をするお母さまの人間性も素敵ですね

    作者からの返信

    おっしゃる通り、テロリストだけど憎めないっていう女の子の葛藤を描いてみました。お母様も最初から覚悟されていたんでしょうね。。

    2019年3月29日 08:38

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    ツカミが凄いですね。
    これは引きずり込まれます。
    すっかり小説の中に取り込まれ、回りの情景がしっかり浮かんで来るのには感動しました。

    作者からの返信

    嬉しいコメントをありがとうございますm(_ _)m
    たしかにツカミの設定は中々無いタイプですからね(^◇^;)
    世界観に魅了されていただけたようで何よりです。

    2019年3月28日 01:18

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    この物語の本質的な主人公は男の子の方なのだろうと思いました。ですが、当の彼の心情を直接描写せずに短編にまとめあげることで、やるせないような独特の余韻が感じられました。

    作者からの返信

    なるほど、その見方は私自身も盲点でした。そう言っていただけると大変ありがたいです。。

    2019年3月17日 20:07

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    切ないですね。

    作者からの返信

    切ないす……

    2019年3月8日 21:57

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    なんて特殊なシチュエーション、そして味わい深い物語!面白かったです。

    作者からの返信

    ありがとうございます!そう言っていただけると嬉しいです!

    2019年3月5日 11:31

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    情景描写もお話を進むテンポも何もかもがすんごい上手。あー羨ましい笑

    拝読しました!
    自主企画にご参加有り難うございます!
    ♪(o・ω・)ノ))
    勉強になります!\(^o^)/

    作者からの返信

    お褒めいただき大変恐縮ですm(_ _)m
    私の作品でよければどうぞ参考になさってくださいな〜

    2019年2月26日 12:31

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    企画からきました。

    完成度の高い短編だと思いました。ただ、感情移入するには、私には少し短すぎたかも知れません。

    ご参加ありがとうございました。

    作者からの返信

    早速お読みいただきありがとうございます。
    なるほど、短すぎましたか笑。貴重なご意見をどうもですm(_ _)m

    2019年2月24日 14:42

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    広島の原爆の日の話なのかな?
    と思いきや、近未来の話だったのですね。

    なんか切ないな…。

    前後のストーリーも読んでみたいなと思う、お話でした。

    作者からの返信

    細かな背景設定は特に決めていないですね。。
    現代文芸みたいな感じで、ちょろちょろっと書いてみました。
    ありがとうございますm(_ _)m

    2019年2月9日 20:30

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    マーガリンのように、ほのかで不思議な味わいのショートショートですね……。トーストのようにサクッと小型核なんて単語が出てくるところもシュール(笑)

    作者からの返信

    自分でも久々に読み返すと、「ほえぇ、こんなの書いたんだ」なんて余韻に浸っちゃいますね(小型核の知識はBFをプレーしていて知ったとか言えない)

    2019年2月8日 18:32

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    一つだけどうしても言わせてください。
    ベーコンエピ、です。
    大好物なので、これだけは。

    作者からの返信

    わー!
    ごめんなさい!すぐ修正します!
    ご指摘ありがとうございます!

    2019年1月21日 01:04 編集済

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    えらい話を見てしまった……。

    基本的に暗い話に耐性の低い私ですが。
    しかし、この空気感は飲まれるものがあります。

    文章のリズムや言葉の選び方が素晴らしいですね。

    作者からの返信

    「彼女に視線を奪われた」に続きこちらも読んでいただいたとは!
    感謝感激であります。

    最初期の作品で、たしかに鬱々としたお話ではあります。今読み返すと、カクヨムではあまり見かけないタイプの現代文芸作品な気がします(←自分で言うな)

    おっしゃる通り、言葉選びには結構気を遣いましたね。処女作ということで気合いが入っていたのかな笑

    2019年1月20日 08:59

  • マーガリンとキノコ雲へのコメント

    自家製マーガリンって作れるんですね。初めて知りました。
    なんか、後味のマーガリンはいつまでも口の中に残っていたのか、かすかな苦味があるような、バターの優しい甘みとは違った余韻が残るお話ですね。

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。私自身もラストで余韻に浸ってしまいました。。
    クックパッド等で検索すると「マーガリン作ってみた〜」みたいな投稿が結構ありますよ。自分は一回も作ったことないですが笑


    2018年8月19日 14:00