作者 松野 志部彦

余韻。

  • ★★ Very Good!!

「花」といっても、

オレンジレンジじゃなくて、
中孝介でもなくて、
喜納昌吉をイメージしたのです。

♪泣きな~さぁい~~
笑い~な~さ~ぁぁぁい~

というアレです。
なんだか沖縄ですよね。

あ、ここで
「真野のアホ。中孝介は奄美だよ沖縄じゃねーよ!」
と立ち止まった方。正解です。

それはそれとして、
沖縄をイメージしてしまった私は、
さらに「赤い着物」と「髪飾り」からも
ほらほら、まさに琉球舞踊の衣装ではないかと
妄想に拍車をかけつつ読み進め……

と、そんなことはどうでもよくて。

「花」

本作におけるその意味は深く、
読む者の心に強い印象となって残ります。

それを短絡かつ野暮な表現で伝えるとするなら
「余韻」という語句が当てはまるのでしょう。

短絡ついでに、もうひとつ軽率を重ねると
次のようになります。

これは、「素晴らしい作品」です。

――――――

 個人的なポリシーとして、
 短編(特に掌編)には基本★★まで、と決めております。
 そのため本作にも★★としていますが
 心情的には★★★を差し上げたい作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

真野絡繰さんの他のおすすめレビュー 257