ネット作家の火村君が「売る文章術」をコピーライターに教わるようです

作者 こぴーらいたー@風倉

449

154人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

そんじょそこらの創作論とは訳が違う、非常にしっかりとした内容でした。
小説に求められているモノは何か?
良いタイトルとは何か?
それらについて深く考察されており、かつ個人的な経験ではなく理論に基づいて語られているので、非常に納得感があるし分かり易い。コピーライターらしく、特にタイトルの付け方の話は説得力がある。

これから書く人よりも、今書いている人に読んで欲しい──そんな作品です。

★★★ Excellent!!!

 まだ2話を読んだだけですが、火村少年とコピーライター氏の会話の中で、なぜ小説という商品が求められるのか。小説という商品が与えるものは何かといったことがはっきりと書かれていて、非常に勉強になりました。思わずメモ帳を開いて要点をまとめたノートを作ってしまいました。ご教授ありがとうございました。