■推理の完成――そして読者への挑戦状

「は?」

 薄井は間の抜けた声を出した。

「わしゃもう、怖うて怖うて。言うか言うまいか考えたんじゃが、やっぱりこら警察さんには言うたほうがええと思いましての」

「はぁ……」

「おたくさんら、こないだ死んどった女の捜査しとりますわな? その女が、化けて出よったんですわ」

 この爺さん、いよいよボケたか。元々人の話を聞くタイプではなかったが、とうとう非現実的なことを口走るようになったらしい。

「幽霊ですか。どこで見たんです?」

「ビデオで……再生したら出てきたんじゃ」

「ビデオ? 防犯カメラの映像のことですか?」

 幽霊を見た状況を聞くと、塩崎は以下のように説明した。

 警察が防犯カメラの録画機器を操作しているのを見て、自分もやってみようと思い立ったらしい。捜査員(川上のことだ)の見よう見まねでやってみたのだが、なかなか上手くいかない。それでも根気よく挑戦してみた結果、ようやくタイムサーチのやり方を会得したという。そして試しに昨日の午前八時の映像データを呼び出したところ、午前八時十分頃に、五〇三号室から稲村志穂が出てきたというのだ。

「それ、本当なんですか?」

「はい、はい、本当です。顔も同じでの、間違いない」

 本人はいたって真面目である。だが、にわかには信じられない。

「とりあえず話は分かりました。参考にしますね。お電話ありがとうございました」

 無難なことを言って、薄井は電話を切った。塩崎の話で捜査が進展するとは思えない。

「まったく、困っちゃいますね……って、うおぉ!?」

 振り向きざまに話しかけようとしたら、琴子が真後ろに居たので、驚いて声を出してしまった。幽霊の話を聞いた直後だから心臓に悪い。

「薄井さん、今の話を詳しく!」

 彼女が顔を寄せてきた。瞳に星が瞬き、顔は紅潮している。吐息が荒く、明らかに興奮している様子だ。

 なぜこのタイミングで? 薄井は戸惑いながらも、塩崎から聞かされた話をそのまま伝えた。

「……ということらしいんですけど」

 話し終えたところで、琴子の様子に変化があった。またいつぞやのようにとろけそうな目をして、体をもじもじさせている。

「薄井さん……最っ高です……!」

 何が? と言いかけたとき、琴子が覆い被さってきた。

 不意に抱きつかれた薄井は、パイプ椅子ごと後ろに倒れた。後頭部をしたたかに打ち付け、目から火花が出そうになる。

 視界が鮮明になったと思いきや、その時にはもう、琴子の顔が目の前にあった。

 潤んだ瞳、朱に染まった頬、半開きになった口からは甘い吐息が漏れている。室内が冷えきっているので、彼女の体が殊更に温かく感じられた。

「え……ちょ……っ!?」

 この状況は、誰かに見られたら非常にマズい。

「あっ、あのっ!」

 呼び掛けようとしたが、彼女をどう呼んでいいか分からない。

 そうこうしているうちに、『男の生理現象』が始まる。それに伴って、このまま流れに身を任せてもいいかと思えるようになってきた。

 まるでしがみつく子供のように、琴子が薄井の首に両手を回す。彼女は腕を絡ませ、愛しい男性にするが如く薄井を抱きしめた。

「……ん……んんっ!?」

 琴子が身震いした。細い腕からは想像もできないほどの力が込められる。痛いぐらいだ。

「あっ……」

 彼女が小さく呻いた。それを機に、少しずつ脱力していく。

「だ、大丈夫ですか?」

 聞くと、彼女は薄井の胸に顔を埋めたまま答えた。

「……ごめんなさい。でも……もう少しこのままで。……力が……入りません……ので」

 彼女の中で、何かが終わったらしい。おおむね想像はつくが、敢えて口に出すのは破廉恥というものだ。琴子の頼みを、薄井は無言で受け入れた。

 部屋は静かだ。時計の秒針が鳴る音、パソコンの機動音、それから彼女の息遣いが聞き取れる。初めは浅い息を繰り返していたが、時が経つにつれて間隔が長くなっていく。

「……失礼しました。もう大丈夫です」

 琴子が起き上がった。顔には照れ臭さそうな笑みを浮かべている。今となっては薄井も事情を知っているので、以前のように取り乱すこともないようだ。

「……いえ、こちらこそ」

 薄井はさりげなく股間を隠した。

 何と言っていいのか分からない。危うく一線を越えてしまうところだった。ここは職場だというのに。

「……ねぇ、薄井さん」

 名前を呼ばれて我に返った。

「何でしょうか」

 と言ってから気付いた。琴子が性的に興奮してしまうのは、密室のことを考えている時。しかも、さっきの乱れ方は尋常ではなかった。ということは――

「もしかして……?」

 薄井の問いに、琴子は頷く。

 そして彼女は、至福の時を迎えた少女のように微笑んで、こう言ったのだった。


「閉ざされた部屋は、いま開かれました」


















【読者への挑戦状】

 謎を解き明かす『鍵』は全て開示されました。皆様の聡明なる頭脳にて、完全なる解答を目指して下さい。















 次回から解決編です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます