episode10《偶然という名の必然は度重なる》

 自室に戻り、荷物を適度に放り投げたあと、ベッドに倒れ込んだ。ただ天井を眺めているだけなのに、どんどん遼太の顔が浮かんでくる。真剣に考えたいと思えば思うほど分からなくなるのは、ここに来ても同じだった。

 そしていつの間にか私は眠りについていた。

 目が覚めて時計を見ると、午後8時を過ぎていた。その時刻を確認すると、思い出したかのように腹の虫が鳴った。空っぽになったお腹をさすりながら財布を開けると、そこには遼平の名刺が入っていた。そこでふと遼太のことを思い出した。

 キパフル地区でのあの言葉が耳から離れない。

 『僕、小野崎さんが好きです』

 さすがにあの時は突然で、しっかり遼平のことを考えずに答えてしまったが、今なら本当の私の答えが出そうだった。

 遼太が小林遼平として生きてきたことを知ってもなお、私の中では遼太=遼平にはならないのだった。遼平の優しさが遼太の優しさだとは思えないのだ。

 名前一つでこんなにも感情が揺れ動くなんて、想像もしなかった。誰もが夢に思わないだろう。

 無意識に私は遼平の名刺を握りつぶしていた。気づいたときには既に遅く、文字が見えないくらいに小さくなっていた。きっと焦っているのは私だけではないはず。遼太も私からの答えが無くて焦っているに違いない。


「海、行こう」


 誰に宛てるでもなくひとりごちて、私は眠る前に放った荷物を引き上げた。


 海岸線を歩き、なんとなく海を目指し始めた。寄せては返す波音が、私の焦っていた思考を落ち着かせていく。すれ違う車のライトや人の輪郭がなんだかぼやけていたが、気にしないで歩いた。次第に通る車の台数が減り、先の道には街灯のみが目立つようになっていた。

 こつん、と何かが手に当たった。直後、体がぐらりと傾いた。あれ、と思った時にはもう、街灯の灯りは目に映っていなかった。

 手首に外部からの力を感じ、反射的に瞑った目を開けると、目の前に人影があった。街灯の逆光で顔がよく見えなかった。しかし、眼前の人物が大きく口を開けるのは見えた。


「危ねぇだろ! ふらふら歩いてるから落ちそうになるんだろ!?」


 目が暗さに慣れてくると、眼前の声の主が遼太だと分かった。私の手首はぎゅっと遼太に掴まれている。少し首を動かせば、すぐ横に背の低いガードレールが確認できた。

 このガードレールに手が当たって、そのまま落ちそうになっていた。それを通りかかった遼太が助けてくれた。そんなところだろうか。

 急に怒鳴られた私は目をぱちくりさせて、状況がしっかり判断できなかった。彼に助けてもらったことは分かった。でも――。


「なんで、遼太がここにいるの?」


 普通なら家にいるべき時間だ。一人で歩いていた遼太に私が遭遇するはずもない。

 遼太は荒げた呼吸を整えてから、落ち着いて話した。


「何か、嫌な感じがしたんだ。お前が事故に遭うような」


 私の手首を掴む力が一層強くなった。痛くはなかったが、遼太が深刻なものを抱えているように思えた。


「心配しすぎだよ」


 彼を安心させるために私は微笑んだ。しかし、彼は安心するどころか、再び怒ってしまった。


「実際事故に遭いそうになったのはどこのどいつだよ」


 不貞腐れたように言う彼に図星をつかれた。こればかりは反論できなかった。


「その節はお世話になりました……」


 彼には頭が上がらないのだった。

 ふと彼とのやりとりが懐かしく思えた。数年前、私たちはこうして会話をしていたのだ。どんなに大変なことでも彼と話していれば、話の最後は必ず笑顔になれた。彼が私を笑顔にしてくれた。

 あの日に戻りたい。戻れるものならば、あの日をやり直したい。

 遼太の目を見つめて、そう思った。


「もう遅いし、ホテルに戻れよ」


 遼太は優しさからか気遣いからか、そう言ってくれた。しかし私は首を振って拒否した。理由はもう出ている。覚悟も決めた。あとは自分の口から言うだけだ。


「一緒に海まで来て」


 私の手首を未だ掴んだままの遼太の手を、私は掴まれていない手で繋いだ。

 遼太は驚いた顔をして拒否しかけたが、何を思ったのか肯いてくれた。


「わかった」


 短い言葉で承諾してくれたのを確認すると、私は彼の手を引いて海を目指した。

 私が引く彼の手は温かく優しいものだった。その手を握ってもなお、昔を思い出すばかりだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます