少女と賢者の旅物語

作者 はとり

45

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

青空が広がるような、清々しさあふれる「読むRPG」です。
モンスターを倒してレベル上げというのではなく、ひとりの少女の決意に引き寄せられた仲間たちも含めた、みんなの成長物語。深く掘り下げられた個性的なキャラクターたちが魅力的で、キャラがお話を引っ張っているから物語が生き生きしています。意外なところで可愛いモフっ子も登場!
もちろん冒険には試練も付きものですが、みんな優しいなあ、とほっこりしながらの旅です。作者さまが大切に世界を編み上げたのが伝わってきます。奪うのでなく与え合う冒険譚を、ぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

ずいぶん前に携帯小説が流行っていた時代に、一目惚れしたのがハトリ様のこの作品でした。
それから私の心はずっとエレナーゼという世界を捉えて離しません。

パパに会いに行く。
ただその願いを叶えるために、彼女は準備をして、周囲の人を巻き込みつつ行動に出ます。
どんなに絶望的な条件でも彼女は決して諦めません。

旅の果てに、彼女は父親に会うことができるのか。
読み進めていくうちに、気がつくと自分も巻き込まれた人達と一緒に見守りたくなっています。

手に汗握るラストは目が離せません!

結末は、ぜひあなたの目で確かめてみてください。

とってもとっても大好きな作品です。

★★★ Excellent!!!

 10歳の少女ルベルと学者のセロアらが旅をしていく中で、色んな人たちと出会い様々なことを学ぶファンタジー小説です。

 ゲーム風ファンタジー小説として発表されていますが、終始和やかな雰囲気でお話が進むことが最大の特徴です。それでいながら人間を始め、魔族・獣人など、ファンタジー小説には欠かせないキャラも数多く登場します。しかも個性的なキャラばかりなので、人種や種族が異なるルベルたちと仲良くする場面もポイントだと思います。
 特にルベルたちと魔族たちとの会話が、まるで昔からの友達だったと思わせるほど親密な雰囲気となっています。

 同時に作者さまの作品に対する思いや世界観・文章力の素晴らしさなども、本作でしっかりと感じ取ることが出来ます。ほんわかした作風でありながら、RPGファンタジーの世界観が描かれている本作……自信を持っておすすめします!

★★★ Excellent!!!

この作品を皆様におすすめする理由は、主に以下の三点です。
・シンプルかつ深みのあるストーリー
・温かく、魅力的な登場人物
・きめ細かな世界設定

◆シンプルかつ深みのあるストーリー
父親に会いたい。どうしても会いたい。どんなことをしてでも会いたい。
10歳の少女ルベルのその強い気持ちが、会う人会う人の心を動かしていきます。
ルベルの思いが持つパワーには、とにかく圧倒されました。
おそらく最後には、ルベルとともに旅した登場人物たちだけでなく、この作品を読んでいる読者の心すらも動かしているのではないでしょうか。
強い思いはあらゆる障壁を乗り越える力がある――そう思わされた物語でした。

◆温かく、魅力的な登場人物
個性豊かな登場人物も、本作の特長だと思います。
旅の途中で会う人物たちは、少女ルベルのひたむきな挑戦を自身の人生に照らし合わせ、共感し、協力していきます。
性格こそ一人一人違えど、彼らはとても純粋で、格好よく、限りなく温かかったです。
本作品は啓発本ではありませんが、登場人物の言動を通して勉強になったことが多くありました。

◆きめ細かな世界設定
本作は作者さんが自作されていたTRPGの世界設定を使用して作られています。
その緻密な設定に裏付けされた生きた描写は、読む人の五感を刺激していくと思います。
きっと読みながら、この世界を実際に見て、肌で感じてみたいと思うようになるはずです。