紹介文を考える

 紹介文は現在(2018.8.20)のところ、検索対象ではありません。ですが、検索して作品を読むことを考えれば、検索結果一覧からその先へ進む参考にします。

 ここって読まれているのかな? と思うことが無いわけではないのですが、トップページから本文へ進まずにバックする方がいることを考えると、読まれているのでしょう。少なくとも、私は読んでいますし。


 紙の本で言うと、裏表紙のあらすじの部分に当たると思います。

 本屋に並んでいる本を見て、気になった本を手にとって、裏表紙を読んで、そのまま読んでみるか戻すかを決める。これが私の行動の基本です。

 それをカクヨムの検索になると、検索していっぱい結果が出てくる。タイトル、キャッチコピーを確認する。他のタグや紹介文を確認する。ここまでをクリアして、ようやくポチッとその先へ進みます。

 個人的には、紹介文が何も書かれていなければ、その時点でスルー決定です。


 ただし、紹介文の内、検索結果の画面に表示されるのは最初の89文字だけです(数えました。90文字目は「...」ですので、90文字ピッタリなら全て表示です)。

 なお、改行も 1文字分としてカウントされます。

 このわずかな文字数で、引き込まないといけませんので、難しいです。


 テンプレじゃないよ、というのをアピールしたい場合は、ここに入れておくのもいいんじゃないかと思います。

 タグにないだけでは、作者が入れていないだけというのも考えられます。タグに入れてしまうと、テンプレを探したい時にも検索結果に表示されてしまいます。

 しかし問題もあって、「非テンプレ」で探した場合に引っかからなくなってしまいます。逆に「-テンプレ」で除外検索の際には、一緒に弾かれてしまったりもするのですが。



 とはいえ、私自身はここを考えるのがすっごく苦手です。そもそも、短い話ばかり書いていますので、もう本編を読めばいいのでは、なんて思ってしまったり。

 感想を書く系の自主企画は、キャッチコピー考えますや紹介文を考えますでも、需要があるのではないかと思ったりしています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます