Arms Girl

作者 神城リーナ

44

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

個性の強いキャラと本当に展開が読めないこの物語は、最終兵器彼女を少し思い出しました。(※ア○メです)

描写のテンポも良く、読めば読むほど、おや?一条さん?あれ、どうしたの?と、私押しメンの一条さんが輝きます!

ま、まさかの○○で古代兵器感染事案の発生するところなんかは、個人的に好みの展開で、本当に読めない展開なのがまた魅力なのです!

何度も読み返したくなる作品ですので、一度手にとって見てください!

★★★ Excellent!!!

一応読んだり、また読んだり、それでまた読んだりしながら、僕なりに考えをふかめていったのだけれど(長いな、)―――僕の意見は、多分これは少女漫画的な小説なんじゃないか、と思った。僕は氷室冴子が何しろアレしてアレしているような、アレな人なので、もうアレだよ(お前、アレしか言ってねえじゃねえか、)―――でも、時々、こう、懐かしくおもいかえしちゃうんだよね、どうしてコバルト文庫にハマってしまったのか。

★★★ Excellent!!!

初めはアリーシャって誰、なぜアリーシャ?
疑問ばかりの状態でしたが読み進めるたびに段々と何故優がアリーシャで姉の詩織がYuiなのかって解ってきました。

読み始めると凄く面白いです。
でも兵器?
Arms Girlだから兵器少女?
これからどういう展開になってゆくんでしょうね?興味津々です。