第54話 女神の間


「あ・・あれ?」



 いきなり周囲が真っ白になってしまった。



『久しいな・・コウタ・ユウキ』



「・・ああ、女神様ですか」



『驚かせたか?』



「まあ、ちょっぴり・・」



んだのは他でもない・・我が加護をずいぶんとざまに申しておったのでな』



「俺、何にも言って無いですよ?」



『うむ。連れの女だ』



「ああ、あの残念な司教ね」



『人間というものは、戦闘を基準に事の優劣を決めたがる。なげかわしいことだ』



「あいつ、剣神の加護と比べてどうこう言ってましたねぇ・・」



ゆるしがたい暴言じゃ』



「ははは・・ゆるさなくて良いんじゃないですかねぇ」



『ふふふ、まあ良い。コウタを招いたのは別の用件じゃ』



「俺、何かしましたっけ?」



『身体があまりにももろいのを見かねてな・・あっさりと腕を切られておったようだし・・』



「いや、普通ですよ? 人間って、普通はこんな感じですから」



『コウタは、兎の皮を持っておったな?』



「・・ああ、ありますね」



 雷兎の皮は倉庫にある。最初に仕留めた大物ということで売る気になれず、かと言って使い道が思い付かず、そのまま死蔵していた。



『出すが良い。あの皮を対価に、力を授けてやろう』



「・・毛むくじゃらは嫌なんですけど?」



『案ずるな。見た目に変化は起こらぬ』



「そうですか・・それなら」



 俺は、雷兎の皮を取り出した。まあ、真っ白で何も見えない。



『これは・・ずいぶんと大きく育った兎よな』



「ですよねぇ」



『対価としては十分じゃ。雷兎の毛皮、その身に宿してやろう』



「毛むくじゃらは嫌ですよ?」



『くどい。女神に二言は無いぞ』



「・・では、お願いします」



『よし・・』



「え・・もう宿りました?」



『うむ』



「あ・・そうですか」



 えらく呆気あっけない。何が起こったという感じもしなかったが・・。



『しかし、あれほどの大兎をよく仕留められたものだ』



「偶然でしたけど・・美味しかったです」



『食したのか?』



「完食しました」



『・・異界の者は、そうした行為に慣れぬと聴くが珍しい奴がおったものじゃ』



「空腹は最高の味付けなのですよ」



『ふむ、言い得て妙よな。さて・・おお、そうじゃ。おぬしに授けた槍を出すがよい』



「ぇ・・ええと、すっごく気に入ってるんで、取り上げるとか勘弁なんですけど?」



『馬鹿を申すな。与えた物を取り上げるような事などせぬわ』



「・・本当に?」



『くどい』



「・・じゃあ、はい」



 俺はしぶしぶと細槍を取り出した。



『ふむ・・よく使い込まれている。すでに・・真名を得たか』



「キスアリスでしょ? 良い名前ですよね」



『そうだな』



 女神が笑ったようだ。



『剣神イズマオに大きな顔をさせておくのもしゃくゆえ・・おぬしにも技を授けておこうか』



「おぅっ!? 加護の技ですか?」



『いや、この槍に固有の技だ。他の槍では成し得ない』



「十分です。俺、その槍・・キスアリスがあれば他の武器とか要らないんで」



『ふふふ・・槍も良き主人に巡りあったと喜んでおる。これからも、精々使ってやるが良い』



「もちろんです・・が、技というのは、どうなりました?」



『槍が教えてくれる。時間はそれなりにかかるが・・戦いの中で、一つずつ覚えていくが良かろう』



「ありがとうございます」



 俺は満面の笑みで御礼を言った。



『これからも、月光神があなどられぬようはげむのだぞ』



「お任せあれ!」



 両手で拳を握って見せた。白いので見えないけど、たぶん・・。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます