3) 人生は何度でもある

┌----------

 人生はめちゃくちゃだ、もうだめだと思ったら、考えなおしなさい。


 やり直したいと思うのなら、人生は何度でもあるから。


 《神との対話1-P127》

 ------

 同じ状況や環境を何度も何度も、新たな自分自身を創造するまでくり返し呼び寄せている。


 《神とひとつになることP194》(一部略)

└----------


 「人生は何度でもやり直せる」と、『神との対話』ではいっています。


 そのフレーズを、2つの意味合いで説明しています。


 1つは、巨視的に見たもので、[7-1]で述べた「輪廻」という概念に結びつきます。


 もう1つは、同一の人生の中で、やり直せるチャンスは再びおとずれるという、微視的なものです。


 人生の中で、失敗した、 あるいは本当の自分を表現できなかったと思っている状況と同じようなシチュエイションが、いつかまた必ず出現します。


 その時、自分の思い描く最高のヴィジョン、最大のヴァージョンの自分を表現し、それを乗り越え、より高次の人間に成長して行くのです。


 このようにして人間は、1つの生涯あるいは複数の生涯をかけて、抱いた人生の課題を完了させていくのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー