2) 地球外の生物が助けてくれている

┌----------

ニール:地球外の生物が助けてくれているとおっしゃるのですか?


神:もちろん。彼らはあなたがたのなかに、おおぜいいる。何年もあなたがたを助けている。


ニール:それじゃ、どうして姿を現さないのでしょう?現れるほうが、影響力が大きいんじゃないですか?


神:彼らは、あなたがたの大半が望む変化を助けようとしているのであって、自分から創り出したり、強制したりするつもりはない。もし、彼らが姿を現したら、その存在感ゆえに、あなたがたは彼らを尊重し、彼らの言葉を重視せざるをえなくなる。


ニール:いつか、彼らが見えるようになりますか?宇宙からの訪問者の真の姿を知ることがありますか?


神:それはあるよ。いつか、あなたがたの意識が向上し、不安がしずまったら、彼らは姿を現すだろうね。すでに、そうしているものもある―わずかなひとたちの前に現れている。


《神との対話2-P302》(一部略)

└----------

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー