7-1 産む人間と育てる人間

よむ子:前に教育のことは、いつか話すといったよね?


A:そうだね。結婚のところだったね。『神との対話』では離婚もありうるといっているといったら、あなたが、「離婚は子供にとって良くないといわれている」といったんだよね。


よむ子:そう。


A:『神との対話』には離婚の子供への影響ということでは書いてないけど、教育の一般論については書いてあるんだ。


 その教育論には3つのキーワードがある。①産む人間と育てる人間が同じでなくてもいい②知識でなく智恵を教える③霊性を教え育てる の3つだよ。


よむ子:産む人間と育てる人間?


A:そう。今の社会では、この2人は同じ人間でなければならないとなっているよね。


よむ子:当然のことだと思うけど……。


A:ところが『神との対話』では、それはもともと無理なことだといっているんだ。


よむ子:もともと無理なこと!?


A:そう。「産む」という行為は、生理学的に考えて、青年期の人間が適している。10代半ばを過ぎれば、「産む」ことは出来るよね。


 一方、「育てる」という行為は、育てる者がなるべく人間的に成熟している方が良いんだ。


 それを原著には、こう書いてある。


┌----------

子供をつくるのは、よく発達した強い身体をもつ若者の活動だ。


子供を育てるのは、よく発達した強い精神をもつ年長者の活動だ。


《神との対話3-P48》

└----------


よむ子: 若者と年長者で育てるということ?


A:そう。 今の社会では、まだ子供のような未熟な親が、子供を育てているというんだ。


 それでは良い教育はできないとね。


よむ子:年長者って、いくつくらいのこと?


A:40才、50才はまだ子供だといっているよ。


よむ子:わあ!それじゃあ、わたし、おばあさんになっちゃう。


A:(笑)


 そこで、産む人間と育てる人間が同じでなければならないことはない、ということになるんだよ。


よむ子:産み放しでいいの……。


A:そうじゃない。1人で育児の負担を全て負わなければならないことはない、ということだよ。


 子育ての責任を産んだ親だけで背負うのではなく、親と年長者によって作られた「コミュニティ」全体で背負うのが良い、というのだよ。


 要するに、子育ての責任は社会がもつということだよ。


よむ子:コミュニティ?


A:ここでいっているコミュニティとは、顔の見える集団といっていいかな。


 日本の社会でいえば、核家族化する前の田舎の集落が、このコミュニティに似ているといっていいと思うよ。


〈つづく〉


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー