平凡な私に麗しの王子様な婚約者がいる件について

作者 久里

111

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

完璧超人で心身ともにスーパーイケメンの王子様に主人公の莉子ちゃんが振り回されたり時に振り回したりするお話です。顔が緩んで外出先で読めないのが唯一の欠点。

登場人物へ作者様からの愛情が簡単に伝わるくらい、とにかく読んでいると幸福感がとんでもない量で押し寄せてきます。ラブコメ的なニヤニヤシチュエーションから、二人の愛を確かめ合うような試練まで……特に最終章の過酷な闘い(?)を乗り越えた瞬間は、こちらが堪らなくなるくらい二人が愛おしくなります。

☆10個ぐらい投げたくなる素敵なラストでした。すごく好きです。

★★★ Excellent!!!

私はこの手の小説及び漫画を最後まで読み切れることが少ないのですが、本作『平凡な私に麗しの王子様な婚約者がいる件について』はめちゃめちゃドキドキしながらもちゃんと最後まで読めました!これもきっと久里さんのなせる技ですね!

莉子ちゃんにベタ惚れな奏多くんめっちゃ可愛いです。読んでいて私の方が理性がぶっ飛びそうでした。特にのんびりくまたんの一件は大好きですー!ふたりのイチャイチャしてるシーンは永久保存ものです!もうドキドキが止まらなくて、最高です(語彙力)私もこんな可愛くてカッコいい幼馴染みの婚約者欲しかったです(笑)

ラストに向けて、莉子ちゃんが中学時代の傷を乗り越えようとしている姿には胸を打たれました。そういう強さが莉子ちゃんの魅力なんだと思います。

そして前半部分のドキドキを上回る更なるドキドキが文化祭のラストに待ち受けていますので、皆さん是非最後まで読んでください!!!頬が緩みまくること間違いなしです!!!私は頬が緩みまくった挙句にうるうるしながら読みました!

全編を通してこれでもかってくらい甘々で、すごく幸せな気持ちになれます!皆さんも是非読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

莉子はいたって普通の女の子なのだけど、実は婚約者がいる。そして、その婚約者は、なんと学校一の王子様であり、とっても美形の幼馴染。

莉子は、二人の関係が、周囲の怖い女子たちにバレるのが怖くて、とにかく婚約者――奏多のことを、周りに隠し通している。

はじめは周りの目ばかり気にして、自分を守ることばかり考えていた莉子が、最後に勇気をふりしぼれるようになる姿には、泣けること間違いなし。

そして、この幼馴染の婚約者、奏多がとにかく、かっこ可愛い!!!

あまーい口調で、莉子をとろけさせてみたり、反対に、愛あるいじめっこになって、莉子を追い詰めてみたりーー

いち女子としては、こんな幼馴染がいたらいいな、っていう胸きゅんフルコースを、大満足で味わいつくせることを保証いたします!

いいなあ、莉子!
幸せになってね!

★★ Very Good!!

他のかたとは異なる読み方であることは重々承知しております。
自分は平凡だと思っている野崎莉子と、幼なじみの“王子様”漣奏多の甘々なラブストーリーです。
テンションが高く、ころころと状況が変化するストーリーを追いかけまして、登場人物達の心の若さを感じました。
女の子達が親衛隊をつくったり、遊園地に遊びに行ったり、内緒にしてほしいと駄目押しをされても大多数に言いふらしたり、噂を鵜呑みにしてすれ違ったり……社会に出た大人であれば(悪い言い方ですが)もっと冷静に状況を分析して、相手の気持ちを推測することも多いと思います。
でも、若い子達が精一杯生きようとしている様子が見えてきて、彼らを応援したくなりました。
本編は終了しましたが、番外編を希望します。

★★★ Excellent!!!

主人公は完璧王子を婚約者に持つ、普通の女の子。
親同士に決められた婚約者であるために、恋をしても悩まずにはいられないことがあります。
その主人公の悩みがかわいらしく、読み終わった後は甘酸っぱい二人の恋に必ずや頬をニヤけさせることでしょう。
もし作者様の気が向きましたら、本当の意味で両想いになった後の二人を読んでみたいものです。
一人称で進んでいくので、さくっと読めると思います。
どうぞ、青い春を堪能してください。

★★★ Excellent!!!

まるで漫画の中から抜け出てきた様な、王子様みたいな男の子がいた。で、その王子様こそが、主人公莉子の婚約者なんです。

外面は良くても中身は意地悪とか、実は大きな欠点がある……なんてことはありません!彼は完全無欠の、正統派王子様なのです!
そんな素敵な王子様が婚約者だなんて、世の女性たちなら羨むでしょう。
だけどこの王子様、実は初めから何でもできる完璧王子だったわけでは無いのです。今の王子が出来たのにはある理由があって。それには莉子が大きく関わっていて……

主人公莉子と王子、その両方がとにかく魅力的。
イケメン王子が魅力的なのは当然ですけど、莉子だって良いんです。消極的で引っ込み思案だった男の子を、完璧王子へと変える優しさを持ち、そんな王子の婚約者が自分で良いのかと悩むと言う可愛い一面もあります。

婚約者なんて言わずに、今すぐ結婚してしまえー。そう叫びたくなるような、とっても甘酸っぱいお話でした。

★★★ Excellent!!!

主人公莉子の婚約者奏多は、登校するだけでみんなが見惚れるほどの正統派王子様。そんな彼も、幼少の頃は人見知りで守ってあげたくなるような子でした。

とにかく奏多がイケメンです。今と昔とで、王子系と可愛い系の二つの属性を持つなんて反則過ぎます。
そして莉子も、あらすじでは平凡と書いてありますが、引っ込み思案な奏多を守ってあげたいと思ったり、すっかり王子様になった奏多を見て自分が婚約者でいいのかと悩んだりと、カッコ良さと可愛さの両方を持った子です。

そんな素敵な二人の織り成す物語。とっても甘くて、読んでいて終始顔が緩みっぱなしでした。