眠りの森の

作者 奈月沙耶

45

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公は、不器用な一人の少女。今は病院で眠っている。そんな彼女を、幼馴染の彼はずっと見舞ってくれていた。
 高校生だった少女は、ある日素行の悪い一人の男子生徒に恋をする。告白してきたのは、男子生徒からだった。教師たちからは優等生として見られていた主人公だったが、素行の悪い一団のリーダー格の彼に惹かれていく。教師からは「もう少し考えなさい」と注意を受けたが、その気持ちを押しとどめることはできなかった。彼の彼女となったために、一団の仲間として迎えられると、怖さは偏見だったと思い知る。しかし、彼からは突然、別れを切り出される。そして、学校で事件が起こるのだった。
 そんな中、主人公を支えていたのは幼馴染の彼だった。主人公の両親は離婚寸前というまでに仲が悪かった。父が母から逃げ出し、母はお金を置いて家を出てしまった。幼馴染の彼は、そんな主人公を家に招き、主人公を支えていた。
 しかし、素行の悪い彼のことが忘れられなかった主人公は、彼に思わずしてはいけないお願いをしてしまう。そして、主人公は病院で昏睡状態となってしまう。
 一方大学に進学した幼馴染は、ある女性と出会う。その女性は実は――。
 主人公は様々な出会いと別れを繰り返して、徐々に自分の気持ちや将来について考えるようになっていく。そして主人公が下した結末とは?

 学校生活がリアルで、自分までその学校に通って、主人公たちと生活しているように感じました。切ない青春恋愛ものであり、主人公の成長譚です。

 是非、御一読下さい。

★★ Very Good!!

ばら撒いたパズルのピースをかき集めて、ランダムな箇所を組上げつつ、一つの完成形をなす物語。


誰のためにとか、自分のせいでとか、どこまでも綺麗ごとを並べている連中、ワタシは大嫌いだ。

自己否定は、究極の自己愛。
結局は総て我儘。

大人も子供も、自己を守るために、平然と周りを振り回す。
何度も言うが、そんな連中は大嫌いだ。


だから好きになろう。この物語を。
このリアルを。