第37話 天才暗殺者、露骨にヒく

 決死必殺の天才暗殺者であるあっしによる前回までのあらすじ!


 やったよ、兄貴! 温泉あったよ!


 脳内ジンバの兄貴――

 ふ、おまえだったらやると思ってたぜ、ムールゥ。


 え、そんな。そんなことあるでやんすがないでげすよ……。


 脳内ジンバの兄貴――

 だが温泉に入れるからって浮かれるんじゃねぇぜ、仕事はきちんと、だ。な?


 うんうん! もちろんでやんすよ!

 何てったってあっしは決死必殺の天! 才! 暗殺! 者! でやすから!


 脳内ジンバの兄貴――

 ああ、そうだぜ。その通りだムールゥ。それがわかってるおまえはさすがだぜ。


 いやんいやん、そんなに褒めないでジンバの兄貴。あっし照れちゃうぅ~ん。


 脳内ジンバの兄貴――

 照れる必要はないぜ。なぁ、ムールゥ。俺の言いたいこと、わかるよな?


 ああん、ジンバの兄貴ってば……。

 いくら脳内だからって、シャツの胸元をそんな大胆ににはだけるだなんて!

 いやん、肌色チラチラチラリズム。兄貴、あっし、あっしはもう!


「ひっさーつ、グレイさん猫だましおらっしゃー」


 パッチーン!


「ぎょばああああああああああああああああああああああ!!?」

「きったねぇリアクションだな、おまえ!」

「あれ! 兄貴は? 今まさにあっしを貪ろうとしてた兄貴はいずこへ!?」


 左右に視線を走らせるも、しかし、ジンバの兄貴はどこにもいなかった。


「嘘、何で! ここあっしの脳内じゃないの!?」

「まごうことなき現実だよバカ野郎この野郎」


 私にそう言ったのは、何ということかにっくき暗殺対象グレイ・メルタであった。

 両手を重ねたポーズの彼を見て、私の明晰すぎる頭脳がすぐに現状を把握した。


「さては、グレイ・メルタ!」

「おう」


「可愛すぎる私に神性を見出して拝み敬い奉ろうとしたのですね!」

「いやー、相変わらずおまえがアホで安心するわ。ホントにアホだよなー。アホだわー」


「そんな感慨深げに言われると悪い気はしませんね」

「何一つ褒められとらんぞ、おんし……」


 グレイ・メルタの隣にやってきた大妖怪が、何故か深刻げな顔つきで私を見る。

 あれれぇ~?


 と、私が首をかしげると、耳に届くゴゥンゴゥンという低い音。

 それを聞いて、ようやく私は自分が置かれている現状を思い出すことができた。


「あー、思い出したでやんす! 温泉! 温泉行くって聞いたから一緒に連れてってもらったら豪雨にブチ当たるわ、変なカラーリング野郎共をひき逃げするわで何なの? ってなりかけててやっと温泉地についたと思ったらただの農村じゃーん! ってなって絶望に打ちひしがれそうになったところに村の物知りじいさん枠に居座りつつ外から来る人間に威厳ある長老的イメージで見てもらいたいだけのクズジジイから『温泉あるよ』って聞かされて来てみたらただの牛舎じゃーん! ってなって再び絶望しかけたところ下に参りまーすとかそんな感じになってたんでやんすね! あれ今つまり下降中!?」

「「下降中」」


 私が寸分の狂いもない見事な説明を終えたのち、グレイと大妖怪が同時にうなずく。


「……それがしは村の物知りじいさん枠に居座りつつ外から来る人間に威厳ある長老的イメージで見てもらいたいだけのクズジジイでありましたか」

「「そーだよ?」」


 私の近くにいたコーコ老人がグレイと大妖怪にうなずかれて黄昏ている。

 しかし、それ以外にどう言い表せばいいとおいうのだろうか。わがままな老人だ。

 まぁ、とにもかくにも――、まだゴゥンゴゥンいってるな。


「まだ着かないんでやんす?」

「下に参りましている真っ最中でございますゆえ」


 私が呟くと、コーコ老人が明らかに用法を間違っている言葉づかいで応じてくる。

 うん、これ完全にあっしのコト見えてるでやんすねー。


 じゃーいいや!

 開き直っちゃおーっと!


「あとどれくらいで着くんでげすかー、あっしお風呂入りたーい!」

「いつ到着するか、それを知っているのはいわば運命のみ。そう、つまりは――」


「あ、そういうのいいから」

「……しょぼん」


 口で言うな。かわい子ぶるな。


「ふむ、それにしてもXランクの〈申し子〉とは珍しきものですな」


 あっさりと態度を戻して、コーコ老人が私を見る。

 隣に寄ってきた大妖怪が「うむ」と小さくうなずいている。


「個人的にはのー、冒険者の〈洗礼〉を受けるべきじゃと思うんじゃけどねー」

「バカなことを言わないでください。私にはすでに仕事があるのです」


 大妖怪は惜しむように言うが、冗談ではない。

 私は暗殺者。冒険者などという何か犬臭そうな連中とは、モノが違うのだ。


「うんうん、わかっておるよ。大切な仕事なんじゃろ」

「ええ、そうですとも。絶対にやめるわけにはいかない、大事な仕事です」


「しかし気になるのう、おんしの仕事。――ウンコなんじゃろ?」

「ぴー! まだそのネタ引っぱるんでやんすかー!?」


 びっくりした。

 びっくりしすぎてウンコ漏れそうになった。はしたないわね!?


「……お師匠様、その、ウンコとは一体?」

「異国のとある職業を、現地の言葉でウンコと呼ぶらしいのじゃ」


 オイ、そこのバカ師弟。何の話をしてる。


「何と……ッ! それは寡聞にして知りませなんだ……」

「ワシもじゃよ。……数百年以上も生きてなお、まだまだ世には未知が溢れておる」


 いや、ンな大それたモンじゃないから。

 だからそんなあたかも深遠な知識に触れて蒙を啓いたような会話やめて、ホント。

 どっちも顔つきが真剣なんだよ。だけど話題がウンコなんだよ!


 ……おのれグレイ・メルタァァァァァァァァァァ!


 時代の最先端を往くハイソサエティしちーがーるのあっしに何たる屈辱を。

 万死! まさに万死(時価)の様相を呈する模様!

 ふぁ~、今まさにあっしの中に燃え滾る黒いドロドロは、そう、殺意とかいうヤツ!


 今ならばきっと、視線だけであの人類最低ウンコ野郎を呪い殺せる気満々!

 どこ! どこでやんす! あのへちゃくむれ童貞ヤローはどこ!


「…………な、なぁ、ラン?」


 あ。いた。

 何かラン・ドラグに話しかけてる。


「温泉、あ、あるみたいだぜー」

「……うん」


 間。


「ど、どんな温泉なんだろーな、な? 気になるよなー」

「……うん」


 間。


「…………ハ、ハハ」

「…………」


 間。


「……温泉宿とか、どんなとこ、なんだろーな?」

「……うん」


 間。


「……あー」

「…………」


 間。


「あ~、えーと、ラン……?」

「……うん」


 間。


「……いや、あの、何でもない」

「……うん」


 うわ、気まず。

 何あれ。何あの二人。何なの、怖い何あれ。


 グレイ・メルタの方はバカみたいに大口開けて愛想笑い浮かべて汗ダラダラだし。

 ラン・ドラグの方は話しかけられても全然グレイの方を向いてないし。

 しかもその表情たるや、どこからどう見ても上の空。半分も話聞いてないやーつー。


 大ゲンカして謝るタイミングを見逃しちゃって、倦怠期以上疎遠未満の心持ちな彼女と、下手に本題切り出したら別れ話持ち出されるかもと思ってビクビクしてる彼氏か何かでやんす?


「オイオイ、まだ仲直りできてねーのかい、お二人さんよー」

「ふ、二人とも、な、仲良く、しよ。ね、ね……?」


 そこに、パニ・メディとアム・カーヴァンが割って入ってくる。

 さすがに、仲間二人が漂わせている天元突破級の気まずさは放置できないか。

 しかしパニ達の介入にも、ラン・ドラグの表情はまるっきり浮かないまま、


「別に、ケンカなんて……」


 それだけ言って、ラン・ドラグは三人から離れていった。

 ガックリと肩を落とすグレイ・メルタの様子に、私の溜飲は下がるには下がる。

 しかし正直、私もまた彼と同じような心持ちではあった。


 あ~、どうしよ。

 あの二人、このまんまにしておいていいのかなー……。


 いや、そんなことは関係ない。

 私は決死必殺の天才暗殺者ムールゥ・オーレ。

 敵の大戦力であるラン・ドラグが機能していないなら、むしろ好機を見るべきだ。


 そうだ。今の状況を作りだすために、私はグレイとランを陥れたのだ。

 だから私が気にする必要はない。私の作戦は、成功している。


 何も気にする必要はない。何も。

 ……そう、何も。


「さて、そろそろ着きますぞ」


 コーコ老人が言う。

 気がつけば、耳に聞こえる低い音が小さくなっているようだった。

 それから少しの間を置いて、下降を続けていた牛舎がガクンと大きく揺れた。


「到着でござる」


 どうやら、着地による揺れであったらしい。

 そっかー。着いたかー。そっかー。


 …………。


 え、着いた? 着いたの?

 ついに温泉地に? 到着したんでやんすか? ついに!?


「温泉ー! お宿ー! お料理――――ッ!」

「三秒前まで深刻な顔していったのが嘘のようじゃのう」


 大妖怪が何かを言っているが、私には聞こえない。

 これも全てはグレイ・メルタ暗殺計画のため。そのために温泉が必要なのだ(豪語)。


「それでは開けますぞ」


 コーコ老人の言葉と共に、少し離れた場所でガコンと重い音がした。

 そして、壁の一角が左右に大きく開いていき――、


「ゲゲェ――! こ、これは――――ッ!?」


 次回に続く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます