エヌ氏が異世界転生 ~もし星新一が異世界小説を書いたら~

作者 機人レンジ

147

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

不謹慎ながら、一行目から大笑いした。

「ある日のこと。エヌ氏はトラックにひかれて死んだ。」
日記のような気楽さで始まったと思いきや、いきなりエヌ氏に厳しい展開である。

異世界転生ものといえば、もはや交通事故死は様式美かもしれない。
「こんな展開は飽きるほど見た」と言う人もいるだろう。
しかし、「もし星新一が異世界小説を書いたら」というトッピングが加わることにより途端に事情が変わる。

星新一といえば有名なSF作家である。
また、ショートショートの神様という異名も持つ人物でもある。

この作品は、「もし星新一が異世界転生ものを書いたら確かにこんなふうだろうな」と思わせてくれる内容である。
星新一と異世界転生というふたつを絶妙に配合させ、違和感なく読ませる技量がすごい。
おそらく文体も寄せているのではないだろうか。恐ろしいほどの器用さである。

実を言うと星新一作品は遥か昔に読んだきりになっていたのだが、この作品を読ませていただいて「ああ、たしかにこんな感じだった」と懐かしく思った。

また、星新一作品といえば、短い文章の中にしっかりと展開があり、意外な結末や皮肉な結末を迎える話が多いように思う。
この作品にも濃厚な起承転結があり(もちろん異世界転生ものならではの展開である)、そして、最後にきっちりとオチがある。

結末は、ぜひあなたの目で確かめて欲しい。

★★★ Excellent!!!

もし、星新一が現在まで存命で、現在のweb小説界の「異世界転生」というジャンルを目の当たりにしていたら、まさしくこのようなショートショートを書いていたでしょう。
ショートショートに不可欠な完璧なオチの付け方。これだけで筆者の力量がうかがえます。
お見事! この一言につきます。
ぜひ、読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

オチが最高ですわ。

異世界ものが好きでも嫌いでも、とても読みやすい小説ですよ。
エヌ氏の話し方、神の話し方、地の文、星新一がにじみ出てる。
星新一が好きなら、きっと引き込まれますよ。
掌編なのに、内容の濃いこと濃いこと!
これが読みたかったんだなぁって、きっと思いますよ。

でもね……。

やっぱ、オチが最高ですわ。